徒然草(Thoughts)

2009年11月07日

体調管理

どうもご無沙汰です!

いやぁ、私は結構頭痛もちでして、時々、すごい偏頭痛に見舞われ、そうなると、私自身機能しなくなっちゃうので、やっぱり体調管理は大事と、つくづく感じます。

今も頭痛い。。。

頭をななめってパソコン打ったり(笑)、頭ななめってる状態で運転したり、頭ななめる事によって少しでも頭痛をやわらげようって感じね。

多分、こないだ、タレントと今後の方針等についてバトったからだわ、絶対。(バトル=バトルする=戦う。古い?)

かなりのHeated Discussion(熱い議論)になったんだけど、最終的に、お互い納得する結論になったから良かったけど、いやぁ、疲れましたわ。マネージャーいなかったら、あたしの事だから

「もう、マネージメント、やめた!」

となりかねなかったわ(笑)

Heated Discussionの後、必ず思う、この言葉。

一応その夜は納得しながらも、次の日、気持ち的なもやもやがまだ残っており、もう一度相手に言いたいこと言って、

そこからはすっきり。

ってのが大体のあたしのパターンです。

我ながら、ワンパターンですが。

でも、まぁ、社長が言ってるんだから聞くかって感じに聞いてくれるので、よくできたタレントだと思います。

なので、色々と気難しいこのあたくしとうまくやっていける人でないと、タレントとしても社員としても、KEで一緒にやっていくのは無理だと思う。

でも、こうやってお互い言いたいことが言い合える関係というのは、会社の健全な発展のために必要なのは分かっていながら、いざそうなると、結構疲れる。

血圧があがりすぎて、次の日、ダウンというおじいちゃんみたいな体のつくりになってたけど、あたし自身も、KEの皆とHeated Discussionになったときに、ダウンしないためにも、自分の気持ちと感情と体調をコントロールしないことにはもたないわよね。

ちょっと感情移入しすぎ?

まぁ、そこはバランスね。

そこで、うまくタレントとの間をうまく調整してくれる、うちのマネージャーの存在の大きさに再度気付き、感謝です。

うまく間を取ってくれ(笑)

まぁ、ちょっと脱線してしまいましたが、うちのタレント達と年に一、二度、大きな衝突っていうか、Heated Discussionをし、その次の日はあたし自身、かなり体力的にまいってしまい(必要以上に神経使っちゃうタイプなので、マネージャーいわく)、それが×3人なので、これ以上タレント増えたら、あたし、体持つのかしら??と思いつつも、まぁ、もたせるしかないんだろうなと思いつつ、マネージャー、うまく、やってくださいと、マネージャーに調整役をまかせるって感じです。

と、色々書いたけど、いまさっき、今年インフルエンザが流行っていると聞き、もしかして、偏頭痛やバトった後の疲れではなく、ただのインフルエンザ??と思ったりして。

そして、今、なんと頭痛が消えて、気分もめっちゃ爽快。

スーッと消えたわよ、スーッと!

ようし!頑張ろう!!って気にもなりました。

不思議ね。

やっぱ、体調って、すごく大事ぃ!



Kevin♪


at 04:54|PermalinkComments(2)

2009年10月10日

かーくごー

成功の秘訣って、結構、勇気と覚悟が大きな割合を占める気がする。。。

いやぁ、大きな成功の前に必要とされる勇気って、結構恐いわよねぇ。。。

恐い恐い!

うちのタレント達に、いつも死ぬ気でやらないと絶対に成功しないよみたいな事を言ってハッパをかけてるんだけど、いざ、自分の事になるとそう強気にもなれないものよね、人間って。(笑)

「過去は過去、今は今だから、過去のように成功する補償なんかないじゃない!」

と、思っちゃったり。

今日、うちの葉月とランチをしてて、色々話している中で、彼女達は、この業界で生きていくのに、本当に勇気と覚悟と努力とやる気と行動力を持って頑張っているんだなと再認識すると同時に、自分自身も、同じような覚悟で、次のステップへと進まないとだめだと強く感じました。

マネージャーのYuzoに、来年、次のステップに行こうと思う、みたいな話をしたとき

「Kevinさんのその言葉を待ってました!」

と言ってくれ、あら、待ってたの?と思い、やっぱり動かないとなぁ。。。って気になりました。

今、「The Secret」という本を読んでいるんだけど、今の気持ちを後押ししてくれる良い本です。

達成したい事を思い浮かべ、それが既に叶ったと思い込み、達成した時の気持ちになり、また、自分がそれを達成するのは当たり前、と思わなければいけないそうです。

どうやって達成するかの「How」はあまり気にしなくても良いとの事。

ただ、結果の「What」をイメージして、ワクワクドキドキすれば良いらしい。

難しいところは、そうなることを「本当に」信じなければいけないということ。

うーん、これって、本当に自分を信頼し、自分の人生に100%の信頼を置かないことには、なかなか難しいことよね。。。

Anyways,頑張ります!

&達成したら、また報告するね!
(来年の初めあたり、多分、Hopefully)

ではでは、また~♪


Kevin♪

at 08:41|PermalinkComments(0)

2009年05月10日

なぬぅぅぅぅ!?!?!?!?

トロントと剣道の幼なじみであるYが結婚した。

突然フェースブックでのお知らせ。

朝、なんとなーく携帯からメールをチェックしてたらフェースブックからメッセージが。

幼なじみからだ。

あら、珍しいわね、と読んだら、なんと、結婚!

ほへぇ。。。。なんか、この事実、ずっしりと重くのしかかってきたわよ!

いや、実にめでたいんだけどね!

しかし、Yだけは結婚しないと思ってたのにぃ。。。。

ちょいと補足しよう。

彼とあたくしの関係と言えば親友兼永遠のライバルって感じかしら。

まぁ、剣道面では完璧抜かれてるけど、その他ではあたくしも負けてないわよ!と思いきや、いきなり結婚かよ。。。という感じです。

彼もあたくしと同じくトロントで生まれ育ち、土曜日に日本語学校にも通い、大学は日本とカナダと別々で、就職も日本、カナダと別々なんだけど、なぜか彼は日本語が完璧。

なぜ!?!?!?!?どゆこと???

で、人生も全く別々。あたくしはフラフラとトロント、ニューヨーク、東京、そして今はロスと、色んなところに根を張らずに生きてきたけど、彼はどっしりとトロントで根を張り、剣道を続け、チームカナダのメンバーにもなり、そして剣道コミュニティーを引っ張っていってる、我々の剣道ジェネレーションのリーダー的存在なの。

ちなみに剣道仲間から未だに「キャプテン」と呼ばれてるのもその由縁。

あたくしは好きな事をやらせてもらって、好き勝手に生きてるので、自分の生き方に対して文句は言えないんだけど、彼はトロントで今や剣道コミュニティーの発展、そして後輩の育成にあたり、上からも下からも慕われ、尊敬され、一つの場所、コミュニティーの中での役割をしっかりと全うしており、そんあ彼をあたくしは尊敬するし、うらやましくもあるわ。

うーん、あたしがトロントに残ってれば。。。と思う事も。

が、それは、慶應ニューヨーク高校に行くと決めた時から、あきらめなければいけなかった道。

チームカナダで剣道世界大会に出る!という野望も一時期あったあたくしだが、ま、そんな実力がなかったわけで、日本で社会人になってもカナダに戻って予選に出る等、悪あがきはしたけど、もちろん実力がないので全然駄目ぇ!

でも彼は数年後、しっかりとチームカナダのメンバーになるべくしてなったわよ。

あたしに心残りが一つだけあるとしたら、トロントの剣道仲間と一緒にチームカナダとして世界大会に出れなかった事ぐらいかな?

フェースブック等で皆が活躍してる写真を見ると、特にそう思う。

しかし、そんな事を言っててもしょうがないので、あたしもようやくロスで道場を見つけ、また剣道を再開したので、ここロスでがんばる!!

ま、そんな事はどうでも良いとして、そんな彼は今ブラジルに駐在。長年いたコミュニティーを、遂に後にする事に。彼の事だから今度はブラジルでコミュニティーを築いていく、あるいは既に築き上げつつあると思います。もう既に先生的存在なんじゃないかな?ブラジルも剣道盛んだし。

という事で、この興奮を唯一共有できるもう一人のトロント剣道の幼なじみの「I」に速攻Yの結婚について電話したら(一年ぶりくらいに w)、違う人が出て、なんと、今は日本というではないか!なんでも、今、大学に行ってるそうだ。

数年前、一度大学に行く話があったんだけど、ミシガンで工場長の仕事が決まったのでそこにしばらく勤務していたのだけど、いつの間にか日本の大学に行ってると聞き、胸が熱くなった。

そうか、ようやく、彼も長年の夢であった大学に入ったのねと。

結婚、大学と、貴重なトロント幼なじみ仲間の人生の大きなステップに喜ぶと同時に、自分は自分でこの道に進む事を決めたので腹を据えてがんばらないといけないなと改めて感じる。

結婚式はもちろん行く。カナダまで。
最近友達の結婚式と行ったら、絶対に飛行機でどこか違う国に行かなきゃ行けなくなるので日本にいた頃のようにそんなに頻繁には行けないんだけど、彼のは絶対行きます。

トロントの幼なじみの皆と久しぶりに会いたいしね。

うーん、今回はちょっとセンチメンタルなブログになってしまったけど、トロント、そして剣道と言えばあたくしのルーツみたいなところがあるので、お許しくださいませ。

Y、結婚おもでとう!

そして I、大学進学おめでとう!!

あたしも益々がんばる気になったわよ。

近い再会を楽しみにしてます!


Kevin♪




at 01:42|PermalinkComments(5)

2009年05月06日

いやぁ、暑い熱い

LAの気候(暑い)

そして、うちの男性メンバー達(熱すぎ)

レディーのHAZUKIは耐えられないわね。。。

熱っ!

まぁ、皆で仲良くやっていきましょ♪


Kevin♪

at 03:23|PermalinkComments(0)

2009年03月19日

KE設立一周年

早いもので会社設立して一年が経ちました。

まだまだこれからで、本当の意味での独立から程遠い所にいますが、少しずつ、皆様の応援のおかげで形になりつつあります。

ブログにも何度か書いてるけど、この業界、継続は力なりだと、本当に思います。

チャンスはいっぱいあるし、出会いもいっぱいあるけど、いかんせん、蒔いた種が実るのに時間がかかる、かかる。

って事は数ある蒔いた種のうち、一つでも華となって咲くまで、業界に残ってなければいけない。

が、収穫まで業界に残れない人がほとんどだと思うので、何度も言うようだけど、安定したキャッシュフローを確保した上で、活動する事が、少なくともビジネス面では、非常に大事だと思うの。

ま、それはさておき、一周年記念ということで、KE水入らずでささやかにお祝いでもと思ったんだけど、いかんせん、皆仕事が忙しくなってきてスケジュールがなかなか合わない。

うーん、うれしいことだけど、寂しいことでもあるわ。。。複雑な心境。

設立当初は週に一、二回は皆と会って一緒にイベント行ったり食事したり、作業やったりしてたんだけど、もう、別々に会うことはあっても、全員一緒にということは、ほとんどなくなってきてる。

たまたまみんな揃った日とか

「あ、今日は皆一緒だね!」

と言うぐらいだから、これが貴重な日になってきてるの。

ちなみにそれでも功は今日本なので、本当の意味での全員一緒という日はまだ実現してない。

そのうち、Kentaroがパリ、葉月が香港、功がニューヨークで仕事って感じになってきたら、益々皆で集まることが難しくなるんだろうなぁ。。。

と、それはそれで会社が軌道にのってる証拠なので良い事なんだけど、今のうちに、集まれるときは集まろうと思います!(って事で、Yuzo、スケジュール調整よろしく!笑)

ということで、まだまだ始まったばかりですが、引き続きKevin Agency及びKEのハリウッドでのアドベンチャーライド、一緒にお楽しみください!

Kevin♪

at 02:41|PermalinkComments(2)

2008年08月26日

覚悟

人間、Comfort Zoneというのがあるんだけど、これは、自分がComfortable(心地よい)でいられるZone(範囲)の事を言うの。

人それぞれなんだけど、時にはその殻を破る必要があるわよねぇ。。。

急激に伸びても、破滅するだけだけど、現状(Comfort Zone)に甘んじていても、伸びないわよね。

チャンスが来たときにはしっかりとそれを掴み、覚悟を決めて進まないと駄目!。。。と最近自分に言い聞かせてます。

結構自分って小心者というか、石橋をたたいて渡る系というのに気付いた。

ま、これらはみんなRelativeなんでなんとも言えないんだけど、最近、かなり勢いのある人たちと出会い、そう感じました。

いやぁ、自分はまだまだだなと。いつの間にか慎重になりすぎたかな?とね。

でも行動力って大事よね。

過去を振り返ると、若い頃はとりあえずやってみて、あとで思った以上に大変だってことに気付いても後戻りできず、やり通さざるを得ない状況が多々あったんだけど、結果、それがすごく良い経験になったり、良い出会いがあったりと、やってよかったことがほとんど。

最近は(特にMBAを出てからは)、もっと考えるようになったかな。

もちろん、それは大事なことなんだけど(良い大人なんだから)、あの頃持ってたような無謀な行動力が無限大の可能性を秘めてるんだって言うことを、最近、色んな出会いによって再認識させられました。

ま、とにかく、また、覚悟を決めてComfort Zoneから抜け出して、次のステージに進む時期が来たみたい。

You need to get out of your comfort zone!

とは、ビジネススクールの教授がよく使ってた言葉です。

その通り!

ま、経験上、やってみたら慣れるもんで、なんとかなるって事が分かったら、それが自信につながり、また次のレベルに行けるわけで、今回ちょっと頑張りどこかなと思っています。

まだまだ若いんだし(一応)、チャレンジあるのみよね。

って事で頑張りま~す!

わけのわからんブログでごめんなさい。

自分への一人決起集会ブログでした♪


Kevin♪


電球Kevin一言英語講座電球

Relative: 比べるものによって変わってくるという意味。

例えば、体重が150kgの人がいたとすると、この人が一般人であったら重い部類に入るけど、お相撲さんだったら、軽い部類に入るでしょ?一概に150kgという数字が重いとか、軽いとかは言えないって事。
英語では、
It's all relative.
というような使い方をするよん♪

at 09:06|PermalinkComments(8)

2008年08月20日

悩む。。。

iMacにするか、MacBook Proにするか。。。

あたくし、優柔不断なんです。。。

MBAのときはもちろん、IBMのラップトップを使用してたんだけど、数字の4のボタンがとれかかっているのと、ディスプレーがめちゃくちゃ色あせているのと、OSのComponentが欠落しているというメッセージが毎回出てきてちょっと気持ち悪いのと(そのComponentがウィルスに感染してたらしく、そのComponentごと削除しちゃったら、ずっとそのメッセージが出るの。問題なく動くんだけどね)、ま、そんなこんなで、そろそろ買い替え時かなと。

で、なんで、いきなりマックなのかというと。。。

やっぱ、エンタメはマックでしょう!( ̄▽+ ̄*)

というミーハーケビンの単純な理由からです。

Windowsの方が、ビジネスソフト使うには一番使い勝手が良いらしいんだけど。。。

画像ソフトとかあまり使わないと思うんだけど。。。

エクセルとか、会計ソフトとか、そういったビジネスソフトを一番使うんだろうケド。。。

でも、でも、

やっぱマックが良い~!!

と、見た目から入るKevin様の典型です。

だって、かっこいいんだもん。

あと、マックの操作がよく分からないので、意地でも使えるようになりたいというのもあるの。

ま、マック買ったら、無料ワークショップがあったりするらしいので、通うつもりですが。

さて、本題に戻すと、

iMacにするか、MacBook Proにするか、迷い中。。。

iMacは安いし、画面も大きいし、使いやすいので良いんだけど、出張言ったときの事考えると、やっぱMacBookよね。。。

でも一応、古くてもIBMのラップトップはあるので、デスクトップを一個持ってても良いかなと。。。

うーん。。。迷い中。


とりあえず、木曜日に会計ソフトをパソコンに導入して、ソフトの使い方を習いに行くので、それまでにできれば買ってしまいたいのよね、どっちかを。。。

やっぱ、MacBookになるのかな。。。

でもそうなると、ノートパソコン二台持つことになるし。。。


どうしよう??????img20080820.jpg





Kevin♪


at 08:36|PermalinkComments(10)

2008年07月26日

若者

最近若い学生連中とメールのやり取りをする事が多いんだけど、皆文章の最後の語尾を延ばすのよね。面白いわよねぇ。
これって流行?それとも若者だけの文化??

「了解でーす!」
「よろしくおねがいしまーす!」
「これだけでーす!」
「写真送りまーす!」
「日にちオッケーでーす!」

語尾を延ばして、最後にびっくりマークをつけるのが、あまり硬い文章にしないで、親しみのある文章にするためのテクのようです。(と勝手に思ってる)

面白いわねぇ。
かといって、客先とか、ちゃんとしたところには皆硬い文章が書けるのよ。
敬語を使いつつ、親しみの雰囲気も含めつつ、それなりに皆気を遣ってるみたい(笑)

これはロスの日本人学生の間だけでしょうか?
それとも日本の学生の間でもこんな感じの書き方を皆してるのでしょうか?
はたまたあたしのまわりの日本人学生だけ???

以上、ちょっとした面白い発見の報告でした♪

Kevin♪



at 03:27|PermalinkComments(3)

2007年11月15日

LAにて思うこと

ロスの日系コミュニティーって狭い~!

変なことできな~い!

でも変なことした~い!!

まぁ、そんな願望はともかく、ここロスの日系コミュニティーはほんっとに狭くて、誰かしら誰かを知ってるので、すぐにネットワークが広がるの。

すごく良いことよね。

しかも、日本人と話して遊ぶのって楽しいし、楽だし、ついつい、それに甘んじてしまうのよねぇ。




でも




油断してると




ぬるま湯に




はまっちゃうのぉ!!!困った困った


やっぱりねぇ、頑張って外のコミュニティー(=アメリカ人)とつるむ事も大事よね。

いくら日本人コミュニティーの居心地が良くても。

でもねぇ、奥さん、これがまた大変なのよ!

あたしでも大変なのよ。

こ・の・あ・た・く・し・で・も!!

あたしも色んなアメリカ人のパーティーに顔出したりしてるんだけど、やっぱ、単発で終わることが多いのよね。

ここでいう単発とは、パーティーで色んな面白い人たちと会って楽しく話すんだけど、それだけで終わることが多いって事。

フォローアップして、後日また会うって事がほとんどないの。

アメリカ人と個人レベルで継続的に仲良くなっていくというのは、チャレンジングだけど、絶対重要だと思うの。

もちろん、MBAのアメリカ人友達とは普通に遊ぶんだけど、あたくしの次の課題は、エンタメ業界にいるアメリカ人の友達を増やす事なのよね。

かといって日系コミュニティーとはもう関わらないという意味ではないのよ。

このロスの日系コミュニティーってのも、これまた、あなどれない存在なの。

例えば、エンタメのコミュニティーでも、これが日系であれば、結構ネットワークが広がりやすいの。以前お話した撮影会やら、映画祭やら、芸能人がいるパーティーやら、そういった経験が以外と簡単にできちゃうのよね、ロスの日系のエンタメに関わってるだけで。

エンタメに関わるっていっても、何もおおげさなことではないの。

インターンでも良いのよ。

それだけでも、結構楽しい経験ができるのよね。

だって、MBAのアメリカ人の友達はこんな経験してないわよ。
あたしが日系のエンタメコミュニティーに入ってるからこそ、経験できてることなの。

もちろん、これがアメリカのエンタメコミュニティーとなったら、話が違ってくるけどね。

だって、日系コミュニティーとはスケールが違うんだもの。

ハリウッドコミュニティーに入る込むなんて、あんた、そんな一筋縄には行かないでしょ?

でも、無理ってわけではないと思うの。

しっかりした目的意識と努力が必要なだけ。

ロスでもすごく活躍している日本人を見ていると、やっぱり日系コミュニティーの枠にとらわれず、外(アメリカ)のコミュニティーとも色々やっているのよねぇ。

だから、今、あたくしがすべきことは、日系のコミュニティーで、普段ではできない経験を、日系だからこそできるという環境を大いに活かしながら、同時にアメリカ人エンタメコミュニティーにも食い込んでいく。

うーん、大変(笑)

ロスでの留学生活、あるいは駐在生活、あるいは社会人生活を大いに活かすにはどうすれば良いんだろうという話をよく色んな人とするの。

特に就職活動とかで、どうやってロスにいる今の環境を活かして、他の人(ライバル)との差別化を図れば良いんですかという相談を学生からよく受けるんだけど、やっぱ、アメリカ人コミュニティーに入って色々やる事が大事だと思うの。

だって、それができてる人って、本当に少ないわよ。

日本人コミュニティーの中で頑張ってる人はたくさんいるけど、一歩その外に出て、アメリカ人とも対等にやりあってる日本人と言えば、ほんっとに限られてくると思うの。

エンタメ業界にしても同じこと。

ハリウッド村の一員として溶け込んでやっていってる日系のエンタメ会社って今のところほとんどないと思うの。やっぱり、どうしても、村の外から攻めて一生懸命、中に入ろうと頑張ってる感があるのよね。

だから、あたしはハリウッドの中に入って、そこから日本のコンテンツを引っ張り込んでいくって事がやりたいの。

ハリウッド村の中でやっていってる日本人というだけで、それだけで、他の日本人エンタメ関係者と差別化が図れちゃうじゃない。

これって、エンタメ業界に限った事ではない気がするのよねぇ。

だから、ロスに来たからには、やっぱりアメリカ人とも絡んでいかなきゃ!

ね!


Kevin♪



at 04:23|PermalinkComments(5)

2007年10月07日

沢尻エリカ

すごい事になってるわね(笑)

遠いロスの地からでも噂は聞いてるわよ!

アメリカでファイナンスバリバリやってるMBAのお友達(日本人)と久々に電話で話したときも、沢尻エリカの話になり、なんでも彼はYou Tube付けだとか。

You Tubeで検索したら舞台挨拶の模様が見れるよというので、早速あたくしもYou Tubeで検索♪

。。。沢尻エリカ映像、めちゃいっぱいありました。(笑)

あたくしは、一連のYou Tubeビデオを見て(っていうか、話それるけど、最近のYou Tubeってすごいわね。ワイドショーまでやってるから、日本で何が起こってるのか、日本にいる感覚で情報が伝わるのよね。。。いやぁ、すごい)、まぁ、それはともかく、あたくしは逆にファンになっちゃったわよ、沢尻エリカの。

彼女は別に「あたしは偉いから」、って理由でそんな態度を取ってるんじゃなく、基本的に媚びない性格で、女優として勝負しようとしてるから、ああいう態度に結果的になってるんじゃないの?

まぁ、日本の社会、特に芸能界なんて、色んな人間関係、縦社会、色々と演技以外のところで気を遣わないといけないから大変だと思うけど、媚びないかわりに、真剣に演技に取り組んで、それで評価されようと、逆に本気の姿勢を感じたけどね、あたくしは。

芸の実力なければ、売れるために、芸以外のところで頑張るのが日本の芸能界の主流ってイメージがあるけど、あえてそれをしないってのは、すごい覚悟があるのねって、あたしは感じたわ。

絶対大変なはずよ、日本の芸能界であれを通そうとするのは。ある意味、背水の陣よね。ちょっとおおげさだけど、あの偉大なボクサーのモハメッドアリも、あえて自分は天才ですごいんだというパフォーマンスをして、自分を追い込んでたもんね。勝たざるを得ない状況を作り出すのって、かなり勇気が必要と思う。。。

まぁ、あの舞台挨拶はさすがにまずいとは思うけど(笑)、観客は作り笑顔ではなく、素で怒っている芸能人を舞台あいさつで見れたから逆にラッキーだったんじゃないの?って思っちゃう。なかなかないわよ、こんな貴重な経験。

「別に。。。」発言があまりにも衝撃的で、わざとなんじゃないかと、会場から笑い声が聞こえたぐらいだもんね。いやぁ、彼女は大物(笑)
 
隣にいた子役の愛と書いて「めぐみ」と読むあの娘が一番かわいそうだったわ。となりの沢尻エリカのエリカ節大全開ぶりに、内心どうすれば良いのか分からなかったんじゃないかしら。彼女の笑顔、凍りついてたわよ。

まぁ、でも、和田アッコ以外で、ああいう事ができる日本の芸能人ってそういないんじゃないかしら。。。

でもやっぱ日本のバラエティーって面白いわよね。アメリカのテレビに慣れたとはいえ、たまに日本のスーパー行って、日本のバラエティーをたんまり借りてきて、一人で見て、「幸せ♪」と思える瞬間でもあるの。アメリカのテレビも面白いけどね。でもやっぱ根本的に違うわよね。特にバラエティーって国の文化、おもいっきし反映してるし。

そういや「欧米かよ!」、のあのコンビ、漫才うまいよね。
呼吸がうまいというか、タイミングがうまいというか。
中川家もそうだけど。

コントが多い中、うまくて面白い漫才コンビはやっぱ新鮮で最高♪

で、You Tubeで、欧米かよのボケ担当がブスッとしてて、突っ込み担当が
「沢尻エリカかよ!」
と突っ込んでたのが笑えた。

まぁ、良いにせよ、悪いにせよ、こんだけのセンセーションを起こせるって事は芸能人としては間違いなく大物って事よね。それだけの関心を起こせるって事はすばらしい事。

Nobodyだったら誰も関心おこさないもんね。

ま、今回の一連の騒動であたしは逆にファンになっちゃったわよ、彼女の。

悪い娘にはどうしても見えないのよねぇ。。。日本の芸能界関係者が怒るのはよく理解できるけど(笑)

そんなのには負けないで、自分が信じる道を頑張って歩んで欲しいわ!

ではでは、そういう事で、明日は友達とゴルフクラブ買いに行きま~す♪


Kevin♪

at 17:20|PermalinkComments(4)