2010年12月28日

勝間和代の「断る力」

慶應早稲田の合同忘年会に早く着いたため、隣のBook Offで時間をつぶしている時に見つけた本。

今の自分が抱えている諸事項を整理するのにぴったしの本で、先ほどお風呂に浸かりながら読んでいたナウ。

まだ読み始めたばっかだけど、かいつまむと、こういう内容みたい。

9割は断るからこそ、断らなかった1割に力を注ぐ事ができ、それには全力投球・命がけ。

仕事を厳選することにより、Commodity(他人でも十分に代替がきく汎用的な人員)から抜け出し、スペシャリストになることができるというもの。

ただし、もう一つ覚えておかなければならないのは

むやみにやたらに断るのではなく、どういうところでは断り、どういう場面では逆に歯を食いしばって引き受けてベストを尽くすべきなのか、その判断能力を培って行く事も必要とのこと。

らしい。

今までは、なんでも経験になるから、なんでもかんでも引受けていた感があるんだけど、まぁ、時間も限られているし、興味あることにはどんどん首を突っ込んで行くという基本スタンスは変わらないけど、引受けたモノに対してもっとQualityの高いOutputを出すためには、もう少し引受けるモノを狭めて行く必要もあるのかなと。

と思いつつ、まだそれは早いかなとも思ったり。

もちろん、実力があれば断れるけど、実力がなければどうするんだみたいな疑問に対しても、この本で色々と解説してくれるみたい。

これからソーテルのChabuyaでラーメンを食べながらこの本を読むウィル(これからなにかするときに使うツィッター用語らしい)。

そのあと、ホスト役のエキストラとして、コリアタウンまで撮影をしにいくウィル(おそらく「ウィル」の使い方を間違ってると思うナウ)。

なんでもアメリカ人監督が日本の夜の世界を描くらしく、キャバクラ、ホストクラブ、等等、そういった場面のシーンを撮るとのこと。以前ブログで話したあれ関連です。

いつのまにかあたくしもホスト役として、エキストラ出演することになりました。

昨日も撮影に行って来て、ホストコールをしてきたわよ。

他にも、いつも行ってる居酒屋のAsian-yaのイケメンホスト風ウェイターをナンパして(っていうか主演女優と一緒に食べに行った時にナンパさせられた)、彼とも一緒に撮影。

彼は剣道もするとのことで(剣道3段)、来年から同じ道場で剣道仲間ウィル♪

ではでは、とりあえずラーメンを食べに行くナウ。

Kevin♪


drecom_kevinagency at 09:30│Comments(0)TrackBack(0)日記 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字