2010年08月26日

ゲッチュー!

あぁ、愛しの愛しのCAAのAgentのアシスタントの名前&携帯番号、

ゲッチュー、ナウ!!!

いや、まじ、嬉しい。

Agentの番号をゲットしたとしても、さすがに、今のあたくしではあまりにも立場が違いすぎて、お誘いとか、恐れ多くてできませへんが、アシスタントであれば、まだ、気軽にお付き合いできるのではと。。。

&やっぱり、アシスタントいえども、ハリウッド最大のエージェンシーである、

天下のCAA

とのコネクションを作る、最初のステップだぁしぃ!

いやぁ、Kevin、うれピー♪♪♪♪

まぁ、Assistantの名前が本名かどうかはわかりませんが。。。

ハリウッドのルールか何かはわかりませんが、Agentのアシスタントって自分の本名を名乗ってはいけないのかしら?

以前、ブログで、モールのフードコートでAgentのAssistantらしき人物が他の人と話していて、名前を聞かれたとき、ファーストネームしか名乗ってなくて、

「なんだこいつ?」

と思った、みたいなニュアンスのブログを書いたと思うんだけど、これって、もしかしたら、ルール??

と思ったりして。

というのも、今、仕事で実際にCAAのAgentのAssistantとやり取りをしていて、確かに、ファーストネームしか名乗ってないの。

しかも、メルアドも、CAAのAssistant専用のメルアドとなっており、本人の名前がわかるメルアドにはなってないの。

エージェントのアシスタントって、やっぱうわさどおり、人権なし??

さらには、普通、絶対に仕事のメールだとSignatureが入ってるはずなのに、これもなく、いつも、ファーストネームのみ、記載。

プライバシー保護か、AgentのClientをアシスタントが横取りしないための策か、どっちかだわ、絶対。。。

今度JFSが経済産業省+UniJapan+ハリウッド若手業界人のネットワーキングイベントをUCLAで主催するので、良いチャンスと思い、彼を招待したところ、OKが出た。

で、これを機に、ネームタグに記載しないといけないからと、ファーストネームとラストネームを聞いたところ、ようやく教えてくれたの。

ただ、かなり一般的なファースト&ラストネームだったので、本名かどうかはちょっと微妙ですが。。。まぁ、当日パーティーで聞いてみようっと(仲良くなったら)。

AgentのAssistant時代から仲良くなっておけば、お互いビッグになった時、色々とコラボして、大物タレントを起用して映画をプロデュースしたり、色んなことができて、ハリウッドで大暴れ!ってのも夢ではないしね。

CAAのAssistantってまず、なれないからね。

相当強力なコネがないと、無理無理無理!

で、こことのパイプを作るのは非常に大変!

やっぱり、飲みに行ったり、パーティー行ったり、一緒にベガス行ったりして、人間同士の付き合いをしていかないことには、本当の付き合いにはならないからね。

って事で、まず、このアシスタントと、良好な関係を築いていくわ!(変な人でなければね。まだ会った事がないので、ちょっとドキドキ)

いやぁ、でもロマンがあるわ。

やっぱハリウッドは面白い!!!!


Kevin♪

追記:

先ほど、元、William Morris Endeavor(4大エージェンシーのひとつ)でAgentのAssistantをしていたという同僚に確認したところ、別にそんなルールはないとの事。

あのモールで見かけたアシスタントはただのアホな小僧で、先方がフルネームを言ってるのに、自分がファーストネームだけで答えるのは、ただ単に失礼なやつだそうな。

で、メルアドについては、一人のエージェントのアシスタントというものはどんどん代わっていくので、エージェントになるまでは、自分の名前のメルアドはもらえないとの事。それまではエージェントのアシスタント専用のメルアドがあり、それを使用するとの事だそうです。

ただ、電話にせよ、メールにせよ、非常に短く、まとめて話したり、メッセージを残したりしないといけないため、非常に効率重視なので、メールとかであれば、ファーストネームだけ書いて簡潔にしているだけだと思うとの事でした。

なぁーんだ、そうだったのね。考えすぎだったわ(笑)

drecom_kevinagency at 08:34│Comments(0)TrackBack(0)Entertainment Business | 日記

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字