2010年08月02日

問題 Issues

問題が出てくるたびに、燃える!何がなんでも解決してやる!と、やる気が余計におきる体質にならにゃあ駄目だなぁ、と最近つくづく思います。

本日久しぶりに父親から電話があり、何気ない会話をしてたら

「今はもう、自分(父)は欲というものはないが、今はKevinは貪欲か?」

と聞かれ

「もちろん、貪欲!」

と答えた。

で、父曰く、人生、毎日が幸せでチャレンジとか問題とかがないと非常につまらないらしい。チャレンジを正面から受け止め、乗り越え、初めて生きる実感がすると。まぁ、確かに毎日が平坦だと人生つまらないかな、自分の性格上。

が、私の場合、何か問題がおきると、必要以上に心配をしたり、神経を使ったりする癖があるので、あぁ、この問題をやっつけないと!と、変なプレッシャーを自分にかけ、多分それが、よくある頭痛の原因なのかもしれない。

けど、問題が起こった時に、「ようし!絶対に解決してやるぞ!」と、パズルを解くような気持ちでやれれば(問題解決を楽しめるようになれば)、もっと色んなことにチャレンジして、問題が起きたとしてもそれを楽しんで、ストレスに感じずに済むのかなと。

忙しさに関しては、そんな境地に近づいた気がする。忙しい分には全く苦にならず、むしろ、変なハイになったり、やるしかない、と、覚悟を決めてやる感じになってるので、それは全然大丈夫。

ただ、忙しさではなく、何か「問題」が起きた時は、ストレスとしてその「問題」を受け止めている部分があるので、それをやる気とワクワク感に変えることが、今の課題かな。

なので、「人生問題も何も起きず、毎日過ごしても、老後は良いけど、若いときはつまらないぞ。貪欲な時期に、やるだけやっておかないと、あとで後悔をするぞ。」と親父に言われたタイミングはドンピシャ。

貪欲な時に問題にぶちあたったとしても、それを解決し、また進むという、「やるだけやっておく」精神でやることをやっておかないと、確かに、あとで後悔をしそう。

親父、ありがとう!

少し考えを変えて、問題をストレスではなく、チャレンジとして受け止め、楽しみながら解決していくようにしたいと思います。

Wallace D. Wattles の「The Science of Getting Rich」という本で、「The object of all life is development (人生の目的は発展/成長にある)」と書いてあるけど、まさにそのとおりだと思う。

人間、成長するために生まれるわけであり、問題にぶちあたり、それを乗り越え、成長することに意義があると考えれば、むしろ、そういった問題があった方が、乗り換えるべき課題があるわけなので、やる気になる!という風に考えを変えようと修行中(笑)

ってことで、本日も問題解決に勤しみます!

Kevin♪

drecom_kevinagency at 16:07│Comments(2)TrackBack(0)徒然草(Thoughts) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Lady Luck   2010年08月02日 18:01
Kevin、お久しぶり
とっても素敵なお話で、ついコメントしたくなっちゃいました

日々のchallengeが人生のspiceになるなんて素敵ですね。
一見今平凡な毎日に見えるお父様も、
きっと数々のchallengeを乗り越えて手に入れた安心なんでしょう。

ベストなタイミングでそんなお話をするお父様は
まさにmaster of life
どうぞその言葉を胸に、さらにLAで輝いてください

これからも応援しているよー
2. Posted by Kevin   2010年08月10日 08:07
Oh! Lady Luckさん、久しぶり!!
元気にしてますか??
結婚生活はいかが?
コメント、ありがとうございます。
いやぁ、でも、うまくRephraseしてくれましたね(笑)
そのとおり!日々のChallengeが人生のSpiceになってます。うまいこと言うね(笑)
さすが先生!
自分でビジネスやったり、組織のトップになったりしたときに、父の偉大さに気付き、また、感謝してます。
さらに輝きます!引き続き、応援のほど、よろしくお願いいたします♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字