2010年03月23日

CAAのアシスタント

本日、一人でCentury CityのMallへランチを食べにいった時の出来事。

トレイにのったピザを運んで、どこか空いてるテーブルはないかと、外をうろうろしていると、でかいテーブルに、スーツとサングラスを着た若造と、その斜め前に二人組が座っているのに気づく。

すぐに、あの若造がAgentのアシスタントだとわかった。

Agentになるにはまだ若く、あどけないのだが、スーツにサングラス(まぁ、そんな風貌の人はたくさんいるのだが、LAには)をかけていて、あの独特な雰囲気は絶対にAgency関係の人だなと思う。

最近、銀行マンなのか、Agentなのか、Agentのアシスタントなのかが、なんとなく、わかるようになってきた。

で、そのAssistantはその二人組と話をしていて、面白そうだったので、知らん顔して、同じテーブルにすわり、ピザを食べながら、盗み聞きしてました。

まぁ、たいした話はしてなく、どのテレビ番組が面白くてあぁだこうだと言ってるだけ。

どうやら、Assistantと、話し相手の二人は、たまたまテーブルで相席になっただけの、初対面のようだ。

そのあと、私とアシスタントの間の空いてる椅子に、スーツ着たおじさんが座ってきたのだが、彼に関しては、スーツとサングラスをかけていたが、Agentには見えなかったので、何者かはわからなかった。

Assistantは、先ほど話していた二人が帰ってしまったため、話し相手を、座ってきたおじさんに変更し、話し始めた。

この会話が結構面白かった。

このおじさん、なんと、Literary Agent(脚本家とかをRepresentするAgent)で、Assistantの相談にのってた(もちろん、たまたまモールのフードコートのテーブルで隣に座っただけの関係だが)。

アシスタントはCAAのAgentのアシスタントで、彼のボスはTVのファイナンシャルモデルを作ったりしてることが(盗み聞きして)わかった。

アシスタントは、自分がAgencyを辞める時、自分のボスになんていうべきか、もちろん、今、辞めるつもりはないが、仮にやめるとすれば、なんて切りだせばよいか、みたいな相談を、この初対面のおじさんにしてた(笑)

このスーツのおじさんはAgentにしてはかなり良い人で、親身になって相談にのってた。(Agentは基本的に、傲慢で高飛車で、嘘をつく、というイメージがついており、非常に悪名高いのだ、ここハリウッドでは。彼みたいなLiterary Agentに関してはもっと良い人が多いと聞くけどね)

で、最後、おじさんが帰るので、アシスタントに対して

「Nice meeting you. My name is ○○」

と、フルネームを言ったのに対し、AgentのAssistantは

「I'm Jason」

とだけ言って、なんと、

ラストネームを言わなかったのだ!!

これには、俺も、おじさんもびっくり。

おじさんは再度

「My Name Is ○○!」

と、念を押すように(私はちゃんとフルネームを名乗っているのだから、君も名乗りなさい!って感じのニュアンスで)言ったら、またしても

「I'm Jason。」

とだけ、言ってのけたのだ!!

いやぁ、さすが、アシスタントいえでも、Agentだなぁ、と妙に感心してしまいました。

その後、Assistantもランチを食べ終えたので、私もオフィスに戻ることに。

天気がよく、フードコートの外にずらっと並んであるテーブルをとおると、そこに座ってた二人組が、リアリティーテレビの企画について、なにやら真剣に話してた。

ここはLA、ハリウッド。

夢と欲望が渦巻いてる世界。

と、なんとなくメランコリーな気持ちになりながら、スタジオの仕事に戻りましたとさ。


Kevin♪

drecom_kevinagency at 09:48│Comments(0)TrackBack(0)Entertainment Business 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字