2010年08月

2010年08月27日

JFS Fundraising Event

告知です!!

あたくしがJFSの会長になて初のイベント、

JFS Summer Nights at Crown Bar

が、8月28日(土)午後6時〜10時まで、お洒落なCrown Barを貸し切って行われます。

今までのJFSの地味〜なイメージを払拭すべく、今回、ブランディングと内容に力を入れました。

まず、場所!

ゲイが集うヒップなWest Hollywood (通称WEHO)のCrown Barを貸し切って行われます!

そして、Step and Repeat Red Carpet Photosession を行います!

芸能人がよくやる、後ろにバナーがあって写真を撮る、あれ!

今回特別にJFSのバナーを作成、カメラマンをスタンバイさせ、レッドカーペットの上で、お客さんすべての写真を芸能人なみに激写!ライトも設置しての撮影、本格的です!

写真はJFSのFacebookにアップされます

さーらーに!

午後7〜8時の一時間は、ビール無料、飲み放題!!!
(アサヒビール様スポンサー)

さらに、知らない人同士、仲良くなるための、カップルゲーム!同じ番号を持っている人を探し当て、先着5組がバーのドリンクチケットをゲット!

アーンド極め付きには、プレステ3やブルーレイ、DVD、日本映画のポスター(アメリカでは入手困難)があたるラッフル&クイズ!

そして、最後を締めくくるのがベストドレッサー賞の発表。

詳しくはこちら
http://www.facebook.com/JapanFilmSociety#!/event.php?eid=145420975482690&ref=mf

Win a Playstation 3, BDs, and DVDs through Japanese Film Quizzes and raffle, Free Asahi Beer, and Step and Repeat Photo Sessions!

But most importantly, come meet and mingle with new people!

Join the Japan Film Society as we celebrate the end of summer.
...
We will have:

Free beer from 7pm to 8pm - Come early!

Raffle & Fun film games to win cool prizes!

Step and Repeat Photo Session - Model like a celebrity!

A "Best Dresser Award" - So come dressed up & ready to mingle!

Admission: $8 (21+) - ($5 for Girls entering before 8pm)

Dress Code: Hip & Sexy (STRICTLY ENFORCED!!)

Address: 7321 Santa Monica Blvd. West Hollywood
(Fuller Ave x Poinsettia Pl, FREE Street Parking after 6pm)

Sponsored by Asahi Beer!

http://www.facebook.com/asahirisingsun

http://www.crownbarla.com/

皆、会場で待ってるよん!

Kevin♪

drecom_kevinagency at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)告知 | Entertainment Business

2010年08月26日

ゲッチュー!

あぁ、愛しの愛しのCAAのAgentのアシスタントの名前&携帯番号、

ゲッチュー、ナウ!!!

いや、まじ、嬉しい。

Agentの番号をゲットしたとしても、さすがに、今のあたくしではあまりにも立場が違いすぎて、お誘いとか、恐れ多くてできませへんが、アシスタントであれば、まだ、気軽にお付き合いできるのではと。。。

&やっぱり、アシスタントいえども、ハリウッド最大のエージェンシーである、

天下のCAA

とのコネクションを作る、最初のステップだぁしぃ!

いやぁ、Kevin、うれピー♪♪♪♪

まぁ、Assistantの名前が本名かどうかはわかりませんが。。。

ハリウッドのルールか何かはわかりませんが、Agentのアシスタントって自分の本名を名乗ってはいけないのかしら?

以前、ブログで、モールのフードコートでAgentのAssistantらしき人物が他の人と話していて、名前を聞かれたとき、ファーストネームしか名乗ってなくて、

「なんだこいつ?」

と思った、みたいなニュアンスのブログを書いたと思うんだけど、これって、もしかしたら、ルール??

と思ったりして。

というのも、今、仕事で実際にCAAのAgentのAssistantとやり取りをしていて、確かに、ファーストネームしか名乗ってないの。

しかも、メルアドも、CAAのAssistant専用のメルアドとなっており、本人の名前がわかるメルアドにはなってないの。

エージェントのアシスタントって、やっぱうわさどおり、人権なし??

さらには、普通、絶対に仕事のメールだとSignatureが入ってるはずなのに、これもなく、いつも、ファーストネームのみ、記載。

プライバシー保護か、AgentのClientをアシスタントが横取りしないための策か、どっちかだわ、絶対。。。

今度JFSが経済産業省+UniJapan+ハリウッド若手業界人のネットワーキングイベントをUCLAで主催するので、良いチャンスと思い、彼を招待したところ、OKが出た。

で、これを機に、ネームタグに記載しないといけないからと、ファーストネームとラストネームを聞いたところ、ようやく教えてくれたの。

ただ、かなり一般的なファースト&ラストネームだったので、本名かどうかはちょっと微妙ですが。。。まぁ、当日パーティーで聞いてみようっと(仲良くなったら)。

AgentのAssistant時代から仲良くなっておけば、お互いビッグになった時、色々とコラボして、大物タレントを起用して映画をプロデュースしたり、色んなことができて、ハリウッドで大暴れ!ってのも夢ではないしね。

CAAのAssistantってまず、なれないからね。

相当強力なコネがないと、無理無理無理!

で、こことのパイプを作るのは非常に大変!

やっぱり、飲みに行ったり、パーティー行ったり、一緒にベガス行ったりして、人間同士の付き合いをしていかないことには、本当の付き合いにはならないからね。

って事で、まず、このアシスタントと、良好な関係を築いていくわ!(変な人でなければね。まだ会った事がないので、ちょっとドキドキ)

いやぁ、でもロマンがあるわ。

やっぱハリウッドは面白い!!!!


Kevin♪

追記:

先ほど、元、William Morris Endeavor(4大エージェンシーのひとつ)でAgentのAssistantをしていたという同僚に確認したところ、別にそんなルールはないとの事。

あのモールで見かけたアシスタントはただのアホな小僧で、先方がフルネームを言ってるのに、自分がファーストネームだけで答えるのは、ただ単に失礼なやつだそうな。

で、メルアドについては、一人のエージェントのアシスタントというものはどんどん代わっていくので、エージェントになるまでは、自分の名前のメルアドはもらえないとの事。それまではエージェントのアシスタント専用のメルアドがあり、それを使用するとの事だそうです。

ただ、電話にせよ、メールにせよ、非常に短く、まとめて話したり、メッセージを残したりしないといけないため、非常に効率重視なので、メールとかであれば、ファーストネームだけ書いて簡潔にしているだけだと思うとの事でした。

なぁーんだ、そうだったのね。考えすぎだったわ(笑)

drecom_kevinagency at 08:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Entertainment Business | 日記

2010年08月13日

トップの戦略コンサルの金の使い方って・・・・・・

マカオで不動産投資の事業をやっていて、日本でも活躍中の大学のゼミの後輩のブログにめちゃ面白いことが書いてあったので、抜粋してシェアします。

以下、本文より抜粋

「欧州トップのMBAを卒業した先輩が、日本のトップの戦略コンサルに内定しました。


この不景気で採用を絞っているそんな業界に良く入れたな、と思っていましたが、彼いわく「日本の人材市場は確実に上向いている」、とのことでしたが、それにしても超狭き門ですからすごいと思います。


それはそうと、トップのMBA校と言え、まだ学生だったその先輩に対し、そのトップの戦略系コンサルは「一次面接から交通費をお支払します」ということでなんとフランスから東京まで面接に来ていたのですが、「エアーフランスのビジネスクラスの往復チケット+そのコンサルのオフィスが入っている高級ホテルの宿泊」まで付いていたそうです。


人材が命の業界ですので、人への投資はすごいなと思う反面、こういったコストは全部クライアントに乗せられているんですよね・・・・・・。


以前トヨタ自動車で中国市場の事業企画部門にいた際、戦略コンサルに調査の見積を取ったことがあります。


そしたらいわゆるミリオンダラーレポートでしょうか、「4億円です」という見積が来ました!!


確かに当時は予算がたくさんありましたが、その見積に唖然でした。

コストに厳しい会社ですから。

4億円って自動車の何台分の粗利益が必要だと思っているんだ、と思っていました。」

抜粋終了。

いやぁ、4億円って、どんだけ?(笑)

Kevin♪



drecom_kevinagency at 09:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)徒然草(Thoughts) 

2010年08月10日

出会い&人生の密度

ブログを読んでくれている日本の大学生からわざわざメールが来て、冬休みにアメリカまで来てうちで一ヶ月間、インターンをしたいと!

いやぁ、こういったやる気のある大学生とブログを通じて知り合えるのはうれしい限りですね。

そういや、うちのタレントマネージャーのYuzoとの最初の出会いも、このブログ通じてだったわね(笑)

JFSのトップになり、映画祭が目前に迫り、頭がてんぱり気味で、ただでさえ不眠症になりがちだというのに、日系エンタメ会のゴッドマザーこと、JFS副会長にも色々とSlave Master呼ばわされてますが、こういった新しい出会いがあると、俄然またやる気が出てきます。

本当にうちに来てインターンやってもらうかも♪

あとは、今度、AFIのプロデューサーズプログラムに入学する、まだまだ若い、ドラゴンボール改のプロデューサーとも会うことになったし、いやぁ、やる気のある、優秀で、人間味のある人との出会いって、うれしいね。

この方は、AFI Producers Programの前任者である電通のWoodyPのお墨付きで、彼があたくしに紹介してくれたのだ。

そういや、Woody Pは電通に無事戻って、ブイブイ言わせてるのかな?

また、金曜日からはMBA時代の親友が結婚するということで、生まれて初の「Bachelor Party」に参加しに、ベガスに行ってきます!

独身最後の夜を楽しむために、男だけでベガスに行き、めくるめく夜を楽しむ、このアメリカのすばらしき伝統行事に参加してきまっする!

人生、大変なこともあれば楽しいこともありますが、人生の目的が「成長」であれば、AndersonのモットーでもあるWork Hard Play Hardを体現し、密度の濃い人生を送ろうと思いました。

ってことから、今回のタイトルです。


Kevin♪


drecom_kevinagency at 08:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Entertainment Business | 日記

2010年08月02日

問題 Issues

問題が出てくるたびに、燃える!何がなんでも解決してやる!と、やる気が余計におきる体質にならにゃあ駄目だなぁ、と最近つくづく思います。

本日久しぶりに父親から電話があり、何気ない会話をしてたら

「今はもう、自分(父)は欲というものはないが、今はKevinは貪欲か?」

と聞かれ

「もちろん、貪欲!」

と答えた。

で、父曰く、人生、毎日が幸せでチャレンジとか問題とかがないと非常につまらないらしい。チャレンジを正面から受け止め、乗り越え、初めて生きる実感がすると。まぁ、確かに毎日が平坦だと人生つまらないかな、自分の性格上。

が、私の場合、何か問題がおきると、必要以上に心配をしたり、神経を使ったりする癖があるので、あぁ、この問題をやっつけないと!と、変なプレッシャーを自分にかけ、多分それが、よくある頭痛の原因なのかもしれない。

けど、問題が起こった時に、「ようし!絶対に解決してやるぞ!」と、パズルを解くような気持ちでやれれば(問題解決を楽しめるようになれば)、もっと色んなことにチャレンジして、問題が起きたとしてもそれを楽しんで、ストレスに感じずに済むのかなと。

忙しさに関しては、そんな境地に近づいた気がする。忙しい分には全く苦にならず、むしろ、変なハイになったり、やるしかない、と、覚悟を決めてやる感じになってるので、それは全然大丈夫。

ただ、忙しさではなく、何か「問題」が起きた時は、ストレスとしてその「問題」を受け止めている部分があるので、それをやる気とワクワク感に変えることが、今の課題かな。

なので、「人生問題も何も起きず、毎日過ごしても、老後は良いけど、若いときはつまらないぞ。貪欲な時期に、やるだけやっておかないと、あとで後悔をするぞ。」と親父に言われたタイミングはドンピシャ。

貪欲な時に問題にぶちあたったとしても、それを解決し、また進むという、「やるだけやっておく」精神でやることをやっておかないと、確かに、あとで後悔をしそう。

親父、ありがとう!

少し考えを変えて、問題をストレスではなく、チャレンジとして受け止め、楽しみながら解決していくようにしたいと思います。

Wallace D. Wattles の「The Science of Getting Rich」という本で、「The object of all life is development (人生の目的は発展/成長にある)」と書いてあるけど、まさにそのとおりだと思う。

人間、成長するために生まれるわけであり、問題にぶちあたり、それを乗り越え、成長することに意義があると考えれば、むしろ、そういった問題があった方が、乗り換えるべき課題があるわけなので、やる気になる!という風に考えを変えようと修行中(笑)

ってことで、本日も問題解決に勤しみます!

Kevin♪

drecom_kevinagency at 16:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)徒然草(Thoughts)