2010年04月

2010年04月28日

組織というもの

うちみたいな小さな会社の社長をやってると、責任もあるけど、すべての権限も持っているので、優秀なスタッフがいれば、決断さえすれば、すぐに物事は動くので、ある意味やりやすい。少人数だしね。

でも、もっと大きな組織のいち「役員」というポジションだと、それぞれの役員の権限が分かれており、特にアメリカだと、ほかの役員の仕事に口出しをすることはタブーだったりする。しかし、物事がすすまなければなんとかしないといけない。権限がない中で、人を動かして物事をすすめる、というのは非常にスキルの必要なことで、これまた、色々と勉強になってます。

前者はもちろん、うちの会社のことで、後者は今役員をやっている映画祭の団体、Japan Film Societyのことです。

JFSは人数も多く、いろんな能力をもった人がたくさんいるので、組織としてはもっと大きなことがやれるし、ポジション的には非営利組織(NPO)なので、国とも組みやすい。

なので、KEではできないことが、JFSでは、できる、ということも多々あります。

しかし、出来上がったばかりの組織なので、いろんなことがあり、試行錯誤で組織変更をしたり、人とぶつかったり、根回しをしたり、まぁ、テレビドラマでよく見る政治劇や社内派閥闘争的なものが、実際にあるので、ある意味すごく大変であると同時に、面白いし、何よりも勉強になる。

で、皆ボランティアでやっているので、会社と違い、「くび」にするという脅し文句はあまり効力をもたない。そもそもお金を払ってないので、くびにしたとしてもむこうは生活的には何も困らないし、むしろ、こっちの組織のほうが人材のロスで打撃を受けることになる。

なので、このさじ加減が難しい。お金は払わないけど、メンバーである以上、責任を持って仕事をしてもらわないといけない。

根底の部分では、みんな、JFSを成功させ、日本のコンテンツをより多くのアメリカ人に広めようという想いでつながっており、仕事で衝突しても、人間的には皆良い人たちばかりなので信頼できる。なので、この産みと成長の苦しみは乗り越えられと確信してます。

あと、まだまだ人材不足で、じゃあ、こういう部門を立ち上げようとか、あるいは独立させよう、という話になったときに、じゃあ、誰がその部門のトップになるのか、という話になったとき、適任者がいない、ということも。

いやぁ、まじで、MBAの授業で習った組織論をそのまま体感してるって感じです。

優秀な人はたくさんいるんだけど、もっと必要なのは確かだわ。

いずれにせよ、この団体のポテンシャルはすさまじいものなので、組織をしっかりと構築する必要があるの。Foundation (基盤)がもろいと、すぐにくずれてしまうので、面倒でも、しっかり話し合って基盤を試行錯誤しながら、信頼関係を築きながら、強固にしていくしかないと思うわ。

11月の映画祭まで、半年。これからフルスピードで動いていかないと!!!


Kevin♪



drecom_kevinagency at 04:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Entertainment Business | 徒然草(Thoughts)

2010年04月24日

かっこいい先輩 & JFSイベント告知♪

昨夜、まじでかっこいい大学の先輩と飲みました。
VeniceのThe Other Roomというバーで飲み、色々と貴重なお話を聞かせていただきました。

この先輩は日本の超大手広告代理店部長で、ロスにて、エンタメ事業専門の子会社を先週正式に立ち上げ、現地スタッフでゼロから立ち上げており、今その社長をやってます。

日本ではテレビ局を担当し、色んな伝説を聞き(笑)、ミーハーなあたくしとしては、まーじで、かっこいい先輩にあたる人です。

たまたま、いつも行ってる寿司屋で別の、ゴルフ場を経営している慶応の先輩と会い、そのときに一緒にいたのが、この方。同級生との事。

で、同じ大学ということで、二回目にもかかわらず(しかも寿司屋では数秒程度しかごあいさつができなかった)、かなり話は盛り上がり、最後のほうは後輩として、親しく話していただきました。

まぁ、共通の後輩のK氏の話題でも盛り上がり(笑)、まじで楽しく、勉強になる時間でした。

いやぁ、やっぱり広告会社でテレビ局相手にブイブイいわせ(古い?w)、誰でも知ってるテレビ番組をプロデュースし、アニメの権利をカバン営業という形で、一軒ずつ、売ったりして、今はアメリカでエンタメ事業専門の子会社を立ち上げた、なんともかっこいい生き方をされてる方です。

この方、後輩T氏の影響で来週からパーソナルトレーナーにつくらしく、三ヵ月後、皆でベガスのプールパーティーではしゃごうという話になったんだけど、とりあえず、今の状況ではいけないので、三ヶ月待ってくれとのこと(笑)

って事であたしも体を鍛えるの、がんばるわよぉ!!!

Anyways, 久しぶりに兄貴分的な存在の方と知り合い、貴重な時間をすごすことができ、大変楽しかったです。

さて、もう一点お知らせが。

明日、私がかかわっているJapan Film SocietyのFundraising Eventがありまっす!!

詳細は以下のとおり

The Japan Film Society presents Sake Slam

Start Time:
Saturday, April 24, 2010 at 9:00pm
End Time:
Sunday, April 25, 2010 at 2:00am
Location:
Chop Suey Cafe
Street:
347 East 1st Street
City/Town:
Los Angeles, CA


Bad weather got you down?

School or work stressing you out?

Need a release?

Then join the Japan Film Society for SAKE SLAM, where you can...

- Enjoy exclusive drink specials and discounts ALL NIGHT LONG!
- Network with incredible industry people!
- Win prizes from the JFS Raffle Girls!
- Get down to music from resident artist DEEJAY BEYOND!

...And Much More!

SATURDAY, APRIL 24th
$5 cover, $10 after 10pm
Close at 2am or until they kick our asses out!

Brought to you by Chop Suey Cafe and Lounge and the one and only Japan Film Society!

Contact info@japanfilmsociety.org for more info!

イベントコンパニオンの面接及び採用もし、選び抜かれたラッフル・ガールが三名来るので、ぜひ、見に来てチョ♪(笑)

Hope to see you there!


Kevin♪



drecom_kevinagency at 11:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Entertainment Business 

2010年04月20日

Happy Wedding♪

金曜日は素敵なWeddingに参加させていただいたわ!

いやぁ、いいわねぇ、Wedding.

Palos Verdes という高級住宅街&海岸沿いのめちゃきれいなエリアの(ここはヨーロッパ??というような神秘的な風景)チャペルで結婚式をあげ、Marine Del Rayで披露宴を行ったの。

Weddingはやっぱり結婚するカップルの人柄が表れるもので、非常に感動する、美しい、幸せ感いっぱいのWeddingだったわ。

夫のKCは私のMBAの後輩、奥さんのAyakoちゃんは大学の後輩、で、二人との共通点は学校だけではなく、KCはうちのインターン生、AyakoちゃんはJapan Film Societyの役員、と、公私ともども仲良くさせていただいており、非常に感慨深い結婚式でした。

で、あたくしがスピーチをさせていただいたんだけど、出席者が日本人とアメリカ人の両方だったため、最初日本語、その後英語でやったら、お笑い芸人相棒のN女史からは「英語の方が、スピーチ、うまいね」と言われ、かなり心外だったわ。。。あたし、日本語も得意なのよ!

ちなみにうちのマネージャーYuzoとタレントHazukiが披露宴の司会、Isaoが二人のためのオリジナル曲のプレゼントと、二人の結婚式にKE連中が深くかかわることができて、光栄だったわ。もう、お二人はKEとは切っても切れない縁ね!(笑)

新郎新婦のご両親にもごあいさつができ、非常にすばらしいご両親で、お会いできて本当によかったです。さすが、お二人のご両親!という感じでした。

KCのお母様とおば様の姉妹は芸能人と思わせるほどの美人姉妹で、それはそれで感動しました。

さて、結婚式も無事終わったことで、お二人にはたーんまりと、たまったお仕事をしていただくので、よろしくね♪ 

お二人とも、末永く、お幸せに

Kevin♪



drecom_kevinagency at 06:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記 

2010年04月15日

Japan Film Commission

先日、マネージャーYuzoの紹介でJapan Film Commissionという団体の関係者とその上司とVeniceで会ってきました。

なんでも、その関係者とはYuzoが大学時代から知っているらしく、その方はドラマや映画等の仕事をしながら、Japan Film Commissionで海外の映画制作の日本での撮影に関する誘致活動をしているとのこと。

そして、今回一緒にこられたその上司というのは、Babelや踊る大走査線シリーズの映画やテレビ制作のラインプロデューサーなどをされている、日本の制作現場の第一線で活躍されている方。

この方は、Babelで日米共同制作の色んな難しさを現場で体験したが、やはり、海外の映画会社が日本で撮影ができるよう、色々と法律や環境を整備しなければいけないという熱い考えのもと、Locations Trade Showに参加して、どんどんハリウッドの撮影を日本に持ってこれるようにしたいとの事。

しかも、これはボランティアでやっていると!実際の仕事は映画やドラマのラインプロデューサーなんだけど、こういった活動もされているの。

JFCとは(以下、メールからの抜粋)
Japan Film Commision(JFC)は海外の映画やテレビなどが撮影のロケーションを探すときの
日本の窓口になっている団体で経済産業省管轄の団体なんですが、
今、日本での撮影は許可がすごく厳しくて、なかなか難しい状況で、
海外の映画関係者もそれを危惧して、なかなか日本での撮影を避ける傾向にあるみたいです。
JFCはそれを少しでも解消して、日本にもっと海外から撮影できてもらうことを目的にした団体で昨年4月に設立されました。


との事。

で、早速、LAに着いた日にお会いし、時差ぼけにもかかわらず、色々と貴重なお話をしてくれました。

印象深かったのは、JFCというのは、連絡協議会という形で、NPO設立前から、各自治体に窓口が存在していたのですが、つい最近まで、文化庁の管轄だったとの事。

それが、経済産業省の管轄に変わったことで、国も、本格的に映画制作を「産業」として認め、育てようとしている証拠だってところでした。

経済産業省がCo-production用のファンドを作るなど、日本もようやく映画業界を国際的に通用する産業へと育てようとしているのかな。

もうひとつ印象深かったのは、政権が民主党に変わったことで、どうなるか、まだ不透明だと。JFC等の活動に関しては自民党時代に色々と蓄積していったものらしいので、民主党に変わっても、引き続き、映画業界を重要な産業として認めてもらえればうれしいとのことでした。

でも、本当にTax Incentiveや撮影許可等、日本も海外の映画撮影にやさしい環境になったら、日本に落ちるお金も増えるし、国のためにも良いと思うんだよね。また、海外の映画関係者がどんどん日本へ撮影で来ることによって、文化交流も増えるし、日本も海外でも通用する映画制作のヒントも得られるのではないかと、感じてます。

いずれにせよ、ようやく、色々と動き始めている感があるので、どうなるか、楽しみです。


Kevin♪



drecom_kevinagency at 10:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Entertainment Business 

2010年04月06日

Vegas baby, Vegas!!!

週末はベガスへ行ってきたわよぉ!!!

仲間の一人、T氏がベガスの常連で(しかもUCLA現役学生!)、Venetian Hotelのスイートルームを毎月無料で泊まれるらしく、そこに男6人、女4人で泊まることに!(笑)

こっちはCadillacのEscaladeをレンタカーして男5人、スーパー学生T氏は自前のジャガーに女性4人乗せて、二台の車でベガスに出発!

なんなんだ、この差は!

いやぁ、しかし、今回のベガスはまじで楽しかったですわ。

ベガスは何度も行ってるんだけど、ギャンブルにそこまで興味がなかったので、今までは付き合い程度にやるぐらいだったんだけど、このT氏がプロ並みの知識があって、Black Jackのテーブルでプレイしてる間、隣でずーっとアドバイスをくれたおかげで、相当知識がついたの。

4時間ぶっとおしで、隣でアドバイスくれると、さすがのあたくしでも、多少なりとも知識が身につくわ。

で、分かったのは、基本的にBlack Jackは確率論なんだけど、理論だてて説明してくれたおかげで、色々と納得することがあり、ディーラーに負けたとしても、まったく怒らなくなった。

不思議ね。。。

「あぁ、あのときもう一枚引いてれば!!!」

なぁんて思うのは素人!以前のあたくし!

あの確立でディーラーがあのカードを引いたのであれば、それは、ディーラーがあっぱれ。こっちはやるべきことをやったんだから、しょうがない、という考えにかわり、なんか、すごい心境の変化だわ。

で、長い間やってると、H氏が言ってたとおりになったのが、ちょっと怖いくらいだった。

確率論的に、ディーラーが最初に引いたカードがこれだったら、ディーラーがBust(22以上の数字になってしまう)する確立が高いから、こっちはカードをもう一枚引かないほうが良い、みたいなアドバイスをもらい、何回もやってると、確かに、同じようなシチュエーションになったとき、ディーラーがBustすることが多かったの。

もちろん、Bustしない場合もあるけど、BUSTするほうが多かったので、いやぁ、すげぇ。確率論を肌で感じて、まじで面白かった。

あと、同じディーラーでも、めちゃめちゃ強いときもあれば、流れで、同じディーラーがめちゃめちゃ弱くなるときもあるの。

以前は得意なディーラー、苦手なでぃーらーってのがいたんだけど、最近、それは関係ないかも、と思い始めた。。。

あとは、引き際ね。

儲かってるときにいかに引けるか。まぁ、株と同じで、これは己との戦いね。

結局負けたんだけど、すごく良い勉強になったわ。

まぁーじで、ギャンブルが面白くなってきた。。。

ちょっと危険な兆候だけど(笑)、お金をもうけるため、というよりかは、頭を使って、楽しむ時間を買ってる、という理由と解釈をしているので、多分大丈夫。限度さえ決めてれば。。。

で、ホテルのカードを使ってそのホテルのカジノでギャンブルすればポイントが貯まるらしく、そのポイントで、こっちもスィートとかに無料で泊まれるらしいので、早くそうなるようにがんばる!

ギャンブルしても、最終的にとんとんだったら、ホテル代分が浮くわけだしね。

次回はKEのタレントたちも誘って、皆でパァーッと派手に行ったら楽しいだろうなぁ。

って事で今週も一週間、仕事、がんばります!


Kevin♪



drecom_kevinagency at 10:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記 

2010年04月01日

Crooks & Castle モデル

うちの健太郎ですが、Forever 21の他に、Crooks & Castleというブランドのメインモデルを務めており、今回、そこのビデオにも出演しちゃってるので、大公開

いやぁ、人気だね♪

赤いCrooks & Castleの服を身にまとっているのが健太郎です。

話は変わりますが、うちの葉月がNHKレポーターとしてジョニー・デップやティム・バートン監督をインタビューしたDVDが届いたらしいので、KEの皆で鑑賞会をやろうかと企み中。

最近、50インチのプラズマテレビ&新しいソファーを購入したので(ソファーは明日到着予定♪ ワクワク。。。)ちゃんと活用しないとね!

ではでは、また♪


Kevin♪

drecom_kevinagency at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Entertainment Business