2010年03月

2010年03月28日

Forever 21 モデル

さて、昨夜はうちの男性モデルISAOのサプライズ・バースデー・パーティー。

誕生日を祝いに、二人で寿司を食いに行こう!って事で、二人で熱く語りながら、乾杯。

功と二人っきりで食事なんてのは非常に久しぶりで、よかったです。

相変わらず熱くまっすぐな男で、お互い、頑張ってハリウッドと日本で成功しようと、誓いを再確認。

で、そのあと、マネージャーのYuzoの家で二次会をやるって事で、私と功とYuzoと健太朗の4人で、男臭いけど、がっつり飲もう!って事で二人でYuzoの家に行ったら、

Surprise!

功の友達が皆家にいるという設定で、サプライズ、大成功!

朝まで飲んで騒いで、最高な時間を過ごしました。

功の友達だけあって、アーティストが多く、なかなか華やかなパーティーでした。

詳しくはマネージャーYuzoのブログで!

さて、そのパーティーでモデルのヒロに

「最近Kevinさんのブログ、おねぇ言葉じゃなくて、寂しいっす。」

と言われ、

「はっ!」

と気付く。

確かに、最近守りに入っており、おねぇ言葉を封印してたかも。

日本の偉〜い方々もこのブログを読んでいるようで、Yuzoマネージャーからも、ブログでおねぇ言葉は控えて欲しいと注意されてたので自粛していたのですが、日本の某芸人風に表現すると

「そんなの関係ねぇ!そんなの関係ねぇ!」


って事で、また、おねぇ言葉、復活するわよぉ!

これがあたしくのブログの本領発揮よ!!!見ててちょうだいっ!!

って事で早速本題に(笑)

今回はうちのハーフモデル健太朗のお話し。

先日、Forever 21のモデルが決まってブログでお知らせしたと思うんだけど、早速オンラインで見れるようになったので、アップするわね。

http://www.forever21.com/heritage1981/forever/location1.asp

黒ブチメガネ君の和製ジョニーデップっぽいのが、うちの健太朗です!

Slideshowをクリックすると、色々と画像が見れるわよ。

ビデオができあがったら、それも流れると思います。

画像をYuzoマネージャのブログより拝借

KentaroForever21

Forever21-3

KentaroForever21-2

健太朗、おめでとう♪


Kevin♪

drecom_kevinagency at 14:20|PermalinkComments(2)TrackBack(0)Entertainment Business 

2010年03月25日

Agent、Studio、Paramount Actなど等

以前、AgentとMangerの違いについてブログで軽く説明したと思うんだけど、Agentに関する新たな情報が!

マネージャーたるもの、演技の心得もなきゃいけないなと思い、また、実際、役者の心境もわかっていなければいけないと思うので、今年からCMのActing Classに通ってます。

で、演技の勉強のほかに、オーディションのプロセスやCasting Directorの考え方、AgentのGetの仕方等、マネージャーとして必要な知識が身につくので、大変ためになってます。まぁ、マネージャーとしてクラスを受けているのは私ぐらいで、あとのクラスメートは全員プロの役者。

で、昨日、クラスメートの役者と立ち話をしてたら、Agentのルールに関する新たな発見が。

タレントがAgentに付いて、30日以内に仕事をGetできなければ、契約書になんて書いてあろうと、解約しちゃって良いんだって。

AuditionをGet

じゃなくて

仕事をGet

できなければだよ!!

なので、AgentがオーディションにがんがんSubmitしてくれていて、自分の演技力のなさで落ち続けた場合でも、役者の方から解約を申し出ることができるってこと。さすがアメリカね。

って事は、Agentが嫌であれば、オーディションを一ヶ月間、落ち続ければ良いって事よね。。。ま、そんな事する役者はいないと思うけど。

労働法で決められているらしい。

ま、そう考えると、アメリカでは役者って本当に守られてるんだなと思う。

法律も、フェアな競争が行われるためにあり、やっぱ、日本とは全然違うなと感じてます。

日本だと、タレントが今所属してる事務所を辞めて、違う事務所に移籍するってなると、大問題だもんね。

大きな事務所だと、そんなことしたら、芸能界から追放なんてのも全然あり得るし。TVと芸能事務所と映画会社ががっちり組んでいるため、そのタレントを村八分にして仕事を与えないなんて簡単にできるもんね。

アメリカでは良くも悪くも、非常にCut throatな環境で、Agency同士の競争も激しく、常にタレントの取り合いをしているからね(中には同じAgency内でもAgent同士でタレントを取り合ったり)。

スタジオも、法律上、他のスタジオと直接価格やその他情報の交換とかしちゃいけないらしいからね。いわゆる談合とみなされるため(まぁ、実際は担当者レベルで行われてはいると思うんだけど、一応やってはいけないことになってる)。

あと、Studioが製作能力と劇場上映能力の両方をもってはいけないという、1948年に執行されたParamount Actという法律もあるしね。一種の独占禁止法で、どちらかを選ばなければいけなかったの。

当時のスタジオは製作の方が儲かるし、大事、ということで、劇場ではなく、製作の方を選び、劇場を放棄したの。

ま、そのおかげでハリウッドでは非常にフェアな競争が行われ、産業がここまで発達したんだと思います。

日本だと映画会社が劇場を持ってるなんて当たり前だし、自分たちが作った映画を自分たちの劇場チェーンに流すのは当たり前なので、独占的な位置づけになってしまうんだけど(劇場をもっていない映画会社は、でかい劇場チェーンに自分の作品を流してもらわなければいけないので、非常に弱い立場になる)、これを変えないことには、なかなか風通しの良い、フェアな競争が行われる環境にはなりにくいと思う。

アメリカだと完璧に切り離されているので、質の悪い映画はすぐに劇場からおろされ、新しい映画に切り替えられるの。

なので、アメリカだと、一ヶ月したら、もう、その映画が見れなくなってるなんてのは、ざら。結構ペースは速いよね。

だから、上映されたらすぐに見なきゃ、という一種の焦りがある(笑)

まぁ、今すぐ日本の現状を変え、映画の製作能力と劇場上映能力を切り離すことはできないと思うけど、将来的に、エンタメの分野で国際的な競争力を身につけるためには、必要なんじゃないかなと感じてます。

ではでは、またねぇ♪


Kevin♪

drecom_kevinagency at 03:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Entertainment Business | ハリウッド豆知識

2010年03月24日

ハリウッド・コミュニティー

先日、知り合いのアメリカ人エンタメ弁護士に誘われ、彼が何ヶ月かに一回開いている、エンタメ交流会に参加してきました。

エンタメ業界の中でも役者、弁護士、マネージャー、ライター、プロデューサー、監督、スタジオ関係者、キャスティングディレクター、など等、同じエンタメの中でも様々な職種の人を集めた食事会で、結構面白かったです。

インドレストランを貸しきっての開催で、毎回、違うレストランをまわって行っているとの事。

誘ってくれた弁護士とは、数年ぶりに、ある映画のスクリーニングのレセプションで再会し、その際にこの会に誘ってくれたのです。

イベントはその弁護士の人柄を表していて、皆、とても良い人ばかり。

くじ番号をひいて、その番号が書いてある席に座るというもので、そのあと、もう一度くじを引いて、席替えする、という内容なので、知らない人と絶対に知り合いになれるというすぐれもの。大体いちテーブルに4人ぐらい座ります。

で、うれしい偶然に、前からもっとゆっくりお話したいなと思っていた、キャスティングディレクターのYさんもこの会にいらしていて、少しお話ができたのが非常にうれしかったです。

この方はうちのタレントも大変お世話になっており、たまーにイベントで会ったりはするのですが、ゆっくりお話する機会がなく、今回、お互い、会が始まる少し前にレストランに着いていたので、話すことができました。

彼女はその日、日本から到着したばかりの友達といらしてました。

Yさんはうわさ以上に素敵な人で、はじめてゆっくり話せたのが、その日一番うれしかった出来事かも(笑)

さて、最初のテーブルで一緒になった明るい女性Rachelはライター(脚本家)で、なんと、あのSouth Parkのライターの一人でもあったらしい。経歴からして、かなり大物だったのですが、めちゃめちゃ気さくで、われわれがやっているJapan Film SocietyのVolunteerをRecommendしてくれ、その方の連絡先まで教えてくれました!私はJFSのメンバーのA女史と一緒に参加したのですが、二人で大喜び。

で、席替えの時に一緒になったテーブルの人は、私もよく知っている映画監督とも長い付き合いらしく、その彼も今、日本に関する映画のプロジェクトにかかわっているとの事。めちゃめちゃナイスガイで話が合い、もっと驚いたことに、私とA女史共通の知り合いの女の子と付き合っているとの事!いやぁ、まじにびっくりしました。

さて、そんなこんなで楽しいイベントだったのですが、本日、なんと、あのRachelからFacebook経由で連絡があり、Yさんと一緒にいらしてたYさんのお友達に連絡をとりたいとの事(二人は、二番目の席替えの際、一緒のテーブルだったのだ)。なんでも、名詞に書いてあった連絡先がつながらないので、助けてほしいと。

早速、Yさんに連絡を取り、お友達と連絡が取れるか相談すると、Rachelが直接Yさんに連絡をしても良いとのありがたいお返事が。仕事関係の話だったので、二人をつなげたことで、Yさんからも、Rachelからも感謝されました。

で、何が言いたいのかというと、こうやってYさんやRachelといった、ここハリウッドでしっかりと根付いて活躍されている方と、イベントで会った後でもつながることができたのが非常にうれしく、こういったことの積み重ねが、非常に壁が高く、入りにくいハリウッドコミュニティーの正式な一員になるためのステップなのかなと、思ったり。

Rachelから私に連絡が来たのも、たまたま、最初のテーブルで一緒だったのと、私が日本人で、連絡を取りたがっていた人も日本人だったからだと思うので、まぁ、日本人アイデンティティーを大事にしながら、もっともっと積極的にいろんな集まりに出なきゃなと、前からわかっていながらも、最近つくづく感じます。

こういったつながりを大事にしていきながら、一歩一歩、

ハリウッドでKE帝国

の構築に邁進していきたいと思います。


Kevin♪

drecom_kevinagency at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Entertainment Business 

2010年03月23日

CAAのアシスタント

本日、一人でCentury CityのMallへランチを食べにいった時の出来事。

トレイにのったピザを運んで、どこか空いてるテーブルはないかと、外をうろうろしていると、でかいテーブルに、スーツとサングラスを着た若造と、その斜め前に二人組が座っているのに気づく。

すぐに、あの若造がAgentのアシスタントだとわかった。

Agentになるにはまだ若く、あどけないのだが、スーツにサングラス(まぁ、そんな風貌の人はたくさんいるのだが、LAには)をかけていて、あの独特な雰囲気は絶対にAgency関係の人だなと思う。

最近、銀行マンなのか、Agentなのか、Agentのアシスタントなのかが、なんとなく、わかるようになってきた。

で、そのAssistantはその二人組と話をしていて、面白そうだったので、知らん顔して、同じテーブルにすわり、ピザを食べながら、盗み聞きしてました。

まぁ、たいした話はしてなく、どのテレビ番組が面白くてあぁだこうだと言ってるだけ。

どうやら、Assistantと、話し相手の二人は、たまたまテーブルで相席になっただけの、初対面のようだ。

そのあと、私とアシスタントの間の空いてる椅子に、スーツ着たおじさんが座ってきたのだが、彼に関しては、スーツとサングラスをかけていたが、Agentには見えなかったので、何者かはわからなかった。

Assistantは、先ほど話していた二人が帰ってしまったため、話し相手を、座ってきたおじさんに変更し、話し始めた。

この会話が結構面白かった。

このおじさん、なんと、Literary Agent(脚本家とかをRepresentするAgent)で、Assistantの相談にのってた(もちろん、たまたまモールのフードコートのテーブルで隣に座っただけの関係だが)。

アシスタントはCAAのAgentのアシスタントで、彼のボスはTVのファイナンシャルモデルを作ったりしてることが(盗み聞きして)わかった。

アシスタントは、自分がAgencyを辞める時、自分のボスになんていうべきか、もちろん、今、辞めるつもりはないが、仮にやめるとすれば、なんて切りだせばよいか、みたいな相談を、この初対面のおじさんにしてた(笑)

このスーツのおじさんはAgentにしてはかなり良い人で、親身になって相談にのってた。(Agentは基本的に、傲慢で高飛車で、嘘をつく、というイメージがついており、非常に悪名高いのだ、ここハリウッドでは。彼みたいなLiterary Agentに関してはもっと良い人が多いと聞くけどね)

で、最後、おじさんが帰るので、アシスタントに対して

「Nice meeting you. My name is ○○」

と、フルネームを言ったのに対し、AgentのAssistantは

「I'm Jason」

とだけ言って、なんと、

ラストネームを言わなかったのだ!!

これには、俺も、おじさんもびっくり。

おじさんは再度

「My Name Is ○○!」

と、念を押すように(私はちゃんとフルネームを名乗っているのだから、君も名乗りなさい!って感じのニュアンスで)言ったら、またしても

「I'm Jason。」

とだけ、言ってのけたのだ!!

いやぁ、さすが、アシスタントいえでも、Agentだなぁ、と妙に感心してしまいました。

その後、Assistantもランチを食べ終えたので、私もオフィスに戻ることに。

天気がよく、フードコートの外にずらっと並んであるテーブルをとおると、そこに座ってた二人組が、リアリティーテレビの企画について、なにやら真剣に話してた。

ここはLA、ハリウッド。

夢と欲望が渦巻いてる世界。

と、なんとなくメランコリーな気持ちになりながら、スタジオの仕事に戻りましたとさ。


Kevin♪

drecom_kevinagency at 09:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Entertainment Business 

2010年03月20日

KE 設立2周年

2ヶ月ぐらい更新してなく、申し訳ございませんえん。。。

さて、創業者の私でさえ見過ごしてしまったのですが、昨日(ロス時間の18日)がなんと、KE創立二周年記念だったのだ!

いやぁ、もう二年たったのね、と思うと同時に、まだ二年か。。。と思ったり。

会社として発展のスピードが速いのか遅いのか、いまいちわからないのですが、素敵な仲間と楽しくやっていることは確実。

はてさて、急なご報告ですが、うちのHAZUKIが、日本時間で本日(3月20日)NHKで、レポーターとしてデビューします!

■3月20日(土曜日) 9時10分~18時50分
「体感!デジタルパワーがやってくる」
 http://www.nhk.or.jp/digitaltv/

HAZUKIがアメリカで取材したVTRが登場するのは

10時5分~11時25分(総合テレビとBSハイビジョン)
「デジタル最前線!テレビはこう変わる&新番組PR」



午後2時~午後6時10分(BSハイビジョンのみ)
「デジタルで変わる!あなたの暮らし」

です。

撮影は先月、サンフランシスコとLAで行われ、なんと、あのJohnny DeppとTim Burtonにインタビューしちゃってます。

インタビューした当の本人は大興奮!

握手してパワーもらって、次回はジョニーと一緒にインタビューされる側になる!と意気込んでます。早く、そうなって欲しいものです。
Tim Burtonもめっちゃ良い人だったとのこと。

そのほかにも3D技術の会社やSony Picturesに突撃してのインタビュー等、レポーターとしていろいろとがんばっているので、機会があれば、ぜひ、見てみてください。

HAZUKIはそのほかにも、アメリカの映画の主演が決まったりと、今、のってます。

うちの男性タレントの功も、昨日、ファッションイベントでモデルとして出演。

その他にも、Flaunt Magazineというこっちのハイエンドなファッション雑誌の仕事が決まったり、日本への配給がすでに決まっている長編映画の出演が決まったりで、2010年、順調な滑り出しです。

ちなみにIsaoのFlaunt Magazineの写真をゲットしたので、公開しまーす。

IsaoFalunt


さて、三人目のうちのKentaroですが、今、坊主です(笑)

顔と頭の形が良いので、坊主でも良い感じ。

Kentaroは引き続きCrooks and Castleのモデルをやってますが、新たにForever 21のモデルも決まり、モデル業は順調。

役者業にも徐々に進出予定。

マネージャーのYuzoはよりパワーアップして日本出張から戻ってきて、いろんな案件を持ち帰り、社長(私)を働かせる気満々のようです。。。

MBAインターンのKCは今度、結婚式をあげますが、今、UCLA Andersonの連中を引き連れて、Co-leaderとして、Japan Trip引率中です。85人以上、連れて行くそうです。こんな不況の中、やっぱりJapan Tripは人気なのね。

そんなこんなでKEの仲間はみんな、元気にやってます。

KEの他には、仲間とともにたちあげたJapan Film Society(JFS)も一歩一歩前進しており、昨年6月にボランティア団体として発足したJFSも、来月中にはNPO法人化予定。

11月に映画祭を開催するのですが、日本の配給会社やタレントとコラボして、日本の映画やその他エンターテインメントをアメリカ人にどんどん知ってもらえる場にしたいと思っています。

また、俳優や監督、プロデューサー、はたまたダンサーや武芸家など、さまざまな日本人エンターテイナーのハリウッド進出のためのプラットフォームにできればと、仲間ともども、日々、がんばっています。

ってことで、これも、かなり面白いことになりそうです。

ではでは、また更新させていただきまぁす。。。!


Kevin♪



drecom_kevinagency at 08:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Entertainment Business 

2010年03月19日

KE所属タレントHAZUKIのブログ

こちらです!

http://ameblo.jp/hazukichoko/

よろ♪

Kevin♪



drecom_kevinagency at 13:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)HAZUKI ブログ 

タレントマネージャーYuzoのブログ

うちの敏腕タレントマネージャーのブログです。

私より全然更新頻度が高いので、KEの活動をこまめに知りたい方はこちらへどうぞ♪

http://ameblo.jp/yuzolism/


Kevin♪

drecom_kevinagency at 13:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)YUZO ブログ