2008年03月

2008年03月22日

帰国後の色々 ファッションショーバージョン Part 2

いよいよ、ファッションショーの始まり、始まり♪

dsc02171.jpg

出てきました~♪うひょ~!やっぱ、キャットウォークに出てくると、雰囲気が全く違うわね!


dsc02177.jpg

いやぁ、ポーズも決まってまんなぁ!(なぜか関西弁のオヤジ風)

dsc02187.jpg

ワーオ♪ビューティホー!

dsc02199.jpg

後ろからのショット♪

dsc02211.jpg

セ、セクスィー過ぎるわよ、この衣装。。。!

dsc02212.jpg

かっけぇ!ノリノリですね。

dsc02218.jpg

は、迫力ありまんがな、この娘。

dsc02228.jpg

スタッフとモデル達皆と!

dsc02128.jpg

最後に恐縮ですが、今回のファッションショー主催のデザイナーさんと一緒に撮ってもらいやした♪

はぁ、、、なんだか、とてもとても華やかで楽しい一晩だったわ♪

って事で、次回のブログまで、ばはは~い♪


Kevin♪

at 09:17|PermalinkComments(0)Entertainment Business 

帰国後の色々 ファッションショーバージョンPart 1

さて、一月に日本からロスに帰国してからも、色んなところに顔突っ込んで遊んでたので、それらをここらで一気にアップするわねん!

まずはファッションショー!

ひょんな事からファッションショーのお手伝いをする事になり、舞台裏潜入!

華やかなモノ好きKevinはもう、大興奮!

今回のショーは倉庫をファッション会場兼クラブに改造したとてもユニークなもの。

って事で潜入ルポ、お届けいたしま~す♪

皆、鼻血出しても知らないわよ!

dsc02112.jpg

会場のセットアップ前。
この倉庫がファッション会場に大変身するんだから、すごいよね。

dsc02080.jpg

ショーで着る衣装のフィッティングをするモデル

dsc02099.jpg

試着と同時に写真撮影も行われており、パパラッチ

dsc02098.jpg

うーん、セクスィーポーズ♪
そんな目で見つめちゃ、い・や!

dsc02102-2.jpg

大事なスポンサーさんの商品を持って、パチリ♪

dsc02121.jpg

スタイリストさんも実はすごく綺麗な美人さんなのだ!

dsc02126.jpg

外でも撮影会!

dsc02136.jpg

出番待ちの皆様♪

dsc02105.jpg
外人モデル達。

dsc02156.jpg
モデル達勢ぞろい!

さて、いよいよファッションショーの始まり始まり!

続きは次回のブログで!

Kevin♪

at 07:58|PermalinkComments(0)Entertainment Business 

2008年03月20日

「武士の一分」

のプロデューサーに誘われ、昨夜一緒にご飯を食べに行っちゃった♪

「武士の一分」とはご存知、木村拓也主演の映画で、サムライ映画では日本歴代一位の興行成績を収め、今度ここアメリカでも公開される話題の映画よ。

この映画って「たそがれ清兵衛(外国映画武門でアカデミー賞ノミネート作品)「隠し剣 鬼の爪」に続く、山田洋次監督による時代劇三部作の完結編だって知ってた?

あたくしは恥ずかしながら、三部作の完結編だって事は昨夜まで知らなかったの汗。。。(恥)

で、このプロデューサーはその三部作全てをプロデュースされたすんごいお方。。。

そんな方に御食事に誘われるとは、かなりウキウキルンルン気分なKevinでした♪

さて、このプロデューサー、めちゃめちゃ気さくな方で(そこがまた超かっこいい!)その夜は武士の一分についてはもちろんの事、日本の映画製作について、劇場入場料1800円の謎、前売り券について、映画製作委員会のしくみ、著作権の分け方、劇場についてなど等、色々と教えてもらって、すんご~く勉強になったのびっくり

二人で日本とハリウッドの違いなどについて熱く議論し、それはもう、めちゃめちゃ有意義な時間だったわよ!

あたくし達が入った寿司レストランで、これまた日系の超大物プロデューサーに偶然出くわすし。。。

あとでお名前を聞いて、超びっくり&感動。あぁ、あの人が!みたいな。
お名前はよく聞いていたんだけど、実際にお会いするのは初めて。

もちろん大物同士のお二人は既にお知り合いで、お互い「あぁ、どうも!」みたいな感じであいさつをし、あたくしもどさくさにまぎれて紹介して頂いたけど、何か?(笑)

さすがロスよね。

ちなみに話を元に戻すと、木村拓也ってやっぱ本物のスターらしいわね。もう、全然別格だって言ってた。

頭もかなり良いらしく、脚本のミーティングでの発言もかなり的を得ていて、山田洋次監督までもが、「なるほど!」と言って、脚本に直しを入れるほど。

しかも腰が低く、スタッフにはめちゃめちゃ人気なんだそう。日本にいる映画の主演俳優陣の中でも一番スタッフに好かれてる俳優なんじゃないかと言ってた。

へぇ。。。そうなんだぁ。そういえば、実際にSMAPと一緒に仕事をした他の友達も言ってたけど、木村さんはスタッフにも気軽に話しかけたりするみたいよ。

前から思ってたんだけど、移り変わりが激しい日本の芸能界の中でこれだけ長い間トップでい続けられるって、本当にすごい事よね。もはやジャニーズの力とか、そういう次元じゃないわよね。

うーん、なるほど。すごいです。

まぁ、そんなこんなでかなり長い間話しこみ、気付いたら帰宅が夜中の12時半になってました(笑)

とまぁ、今回は短いけど、この辺で♪


Kevin♪



at 07:00|PermalinkComments(3)日記 

2008年03月18日

新プロジェクト

さて、ビザのドタバタ劇がひと段落し、早速面白いプロジェクトのお話がKevin Agencyに舞い込んできました。

それは、なんと、Miss Asia USA 日本代表のAYAKOのプロデュースのお手伝い!

彼女のマネージャーさんが実は前からの私のお知り合いで、彼がマネージしている娘が今度日本代表で出るから、そのプロデュースを手伝ってくれないかというお話が来たの!!

もちろん、OKに決まってるじゃない!

この娘、かなりすごいです。

Kevinの太鼓判つき(って日本語変?)

気さくで美人でスタイルが良いのはもちろんの事、性格まで美人でいうことないのですが、その上、料理家でもあり、料理の先生までしているの。
今度、本も出版予定だそうで、出版されたら、皆買ってね♪

あとねぇ、ジュエリーデザインもしてて、ハワイで彼女がデザインしたジュエリーが販売されているの。

そんな現代的な彼女ですが、実はお琴も書道も華道も子供の頃からみっちりしごかれたという、伝統的な「日本」も持ち合わせてるの。

なんか、すごい人に出会っちゃった感じ。。。

そんな彼女はMiss Newport Beachのコンテストでアジアン初の出場者で、なんと、三位!!!

アジアン初がたまたま日本人ということなの。

日本人初じゃなくて、

アジア人初

なのよ!!!

で、その大会でMiss Asia USA の関係者に声をかけられ、日本代表として出ないかと誘われ、出ることに。

ちなみに、昨年は日本からの出場者は「ゼロ」!

これはもう、快挙よ!

って事で、こんな逸材のプロデュースのお手伝いをさせてもらう事になって、今からウキウキのKevinです♪

で、早速、先週、マネージャーに紹介され、彼女と初対面。

なんて感じの良い娘なんだぁ♪(泣)

と直接会った印象は最高。

先週末は彼女と一緒に今度撮影で使用する着物の下見に行って参りやした。

今週末は他のMiss Asia USA出場者と供にヘッドショットの写真撮影に同行します。

これから、衣装合わせやパーティー、写真撮影、スポンサー集めなど、色々あるけど、張り切って頑張るわよ!

今からウキウキ、わくわく、ドキドキなKevinでした♪

これについても、随時、進捗をブログでアップするわね。

最後に、彼女の敏腕マネージャーについて!

いや、彼は若いのに、すごいです。
でも一番のすごいところはやはり誠実さ。
人に好かれ、信頼され、誠実に対応する良い男!

マネージャーは熱い男です!

このマネージャーだからこそ、彼女もあたくしもOKしたんです。

って事で、皆さん、是非ともAYAKO共々、応援のほど、よろしくです♪

Kevin♪

at 05:48|PermalinkComments(3)Entertainment Business 

2008年03月14日

いつも首の皮一枚

つながっているKevinです、こんにちは。

皆さん、ご無沙汰ブリブリ♪

おげんこ?

さて、こうやって長い間ブログの更新を行っていない時って、いろーんな事が起こってる最中の可能性が高く、確か昨年の三月もエンタメ業界から足を洗うぅぅ!ってふざけた事を決意していた時期でもあったと記憶してるわ。

って事で、今回も色々あったわよ。

色々あったとっていっても、一言で言うと

ビザ問題

なの!

ここで働いている日本国籍のものは誰もが絶対に苦労するビザ問題。

あたくしにも容赦なく襲ってきたわ。。。恐ろしやぁぁ!!!怒り

今のあたくしの状況:

現在ハリウッドの大手スタジオで働いているんだけど、今は学生ビザの延長みたいなOPTというヤツで働いるの。

でもこれは7月末で切れるから、それ以降はOPTでは合法的に働けないの。

OPT(Optional Practical Training): 学校を卒業し、許可が降りてから一年間は合法的に働けるという学生ビザの延長のようなもの。自分が勉強した分野に関係ある職業であれば一定の期間、学生ビザの延長で働けるというもの。MBAの場合、この期間は一年。

なので、長くアメリカにいようと思ったら、就労ビザが必要なの。一般的に留学生が卒業後に取得する就労ビザはH-1 Bといって、これは会社にスポンサーしてもらわなきゃいけないんだけど、アメリカ企業だとほとんどスポンサーしてくれない。

手続きが面倒で、お金もかかるからね。それだったらそんな面倒なことをしなくても良いアメリカ人を雇ったほうが全然良いわけだし。そりゃそうよね。

ってな事なんで、日本人は間違いなく、このビザ問題で皆苦労してるの。

しかもあたしの場合エンタメ業界にこだわってるわけだから、更に難しいったらありゃしないわよ!アメリカのエンタメ企業でビザもサポートしてくれるとなると、いやぁ、全くもって厳しいですわ。

あと、アメリカの企業って本当に専門性を求めているので、あたしがいくらMBAを出たからといって、例えばファイナンスの仕事にアプライ(申し込み)しても、やれ、アカウンティング(経理)の経験が浅いだの、もっとこういうファイナンスの経験を求めてるだの、かなり具体的なスキルを求めてるのよね。マーケティングにしてもそう。過去の経験と実績がものをいうので、それが求人のポジションにピンポイントでマッチしてなければ、非常に難しい。

これはいけるかな?と思って応募したポジションでも、他のスタジオで全く同じ事をやってた人がいて、結局その人が採用されたという経験も。。。悲しい

日本だとポテンシャルをみて、まず採用し、そこからどのポジションが一番合ってるかを見極める的なところがあるけど、ここアメリカはピンポイント採用。自分の上司になる人が直接面接をし、人事は手続きしかやらない。こういう面白い人材がいるんだけど、どう?という推薦ぐらいはしてくれるけど、基本、決めるのは実際の上司だからね。

でまぁ、やっぱ就職はコネだけではどうにもならない世界ってのがよくわかったわ。

もち、コネがなければ面接さえしてもらえないんだけど、面接までいったとしても、そういった具体的なスキルがなければ、門前払い。

なんのコネもないところにもアプライしまくったけど、全てものの見事に落ちまくり。

で、あたしが働いている大手スタジオも、今のあたしのポジションはビザをスポンサーできるポジションではないと言われたんだけど、人事と話をして、ビザスポンサーが可能なポジションに就職する事ができれば、スポンサーするよと言ってくれたので、スタジオ内の他のポジションにアプライしまくったの。

が、これらも全滅!

しかも、このH-1Bのビザ申請は年に一度しか行われないので、4月1日の受付開始を逃すと、来年の4月まで待たないといけないの、申請を!

正確には確か、6月ぐらいまで申請を受け付けているんだけど、昨年は大量の申請があって、4月2日に(たったの二日で)枠がいっぱいになってしまって、抽選になった経緯があるの。だからなにがなんでも4月1日までに申請しておくのが通例となってるのよ。

で、3月に入っても、どの会社からも全く音沙汰がなく、全滅状態で、かなり焦り始める。

興味を持ってくれたところもあったけど、ビザサポートが必要ということを打ち明けると、人事に聞くのも恥ずかしいから無理、とあっさり断られる。

こんなに苦労するとは思わなかったわ、正直。

日本語を必要としてないポジションでも、過去の経理、経営企画室、スタジオやプロダクション会社でのインターン経験、MBA等でカバーできるだろうと思ってたけどその考えは

大甘

だったわ。

さて、もう3月中旬に近づき、仮に面接でOKが出たとしても弁護士と一緒に書類を作成し、4月1日の申し込み開始日に間に合わせることはほとんど不可能。

にっちもさっちもいかなくなり、もう、日本か、カナダに戻り、そこでエンタメ系の会社に就職し、機を見てまたハリウッドに出直すしかないなと覚悟を決めてたそのとき。。。

ふと、

どこも雇ってくれないんだったら、自分で会社興して、自分にビザサポートをすれば良いんじゃない?

というウルトラC級の発想(無謀、アホともいう)を真剣に検討し始める。。。

まぁ、そんな事絶対に無理だろうと思いながらも、少し調べてみることに。

この発想にいきついたのも、ある女の子との会話がきっかけ。彼女は4年大学を卒業し、私と同じOPTなんだけど、既に会社を設立するだけしたとの事。いずれはOPTが切れたときにその会社が発行したビザをもってアメリカに残るべく、会社の実績作りに励んでいるんだって。へぇ、若いのに偉いなぁ。。。と感心したのを覚えてる。

そういえば、OPT期間中って会社も興せるってAndersonの弁護士が言ってた事も思い出す。

が、当時はそんな気はさらさらなかったので、馬耳東風状態よね。

で、その会社を設立した彼女との会話の中で、あぁ、そういう方法もあるんだぁ。。。と漠然と考えるが、完全に他人事。

が、ここに来て、他に方法がないと気付き、まぁ、難しいだろうなぁと思いながらも、とりあえずその無謀なアイディアを友達とかに話してみる。

が、「いやぁ、無理だと思うよ」という、ごもっともな反応がほとんど。

そりゃそうだ。しかし、それであきらめるあたくしではありません!

さて、転機が訪れたのは先週の土曜日。

友達二人と10,000BCという映画を見に行ったとき、ふとビザの話になり、なんとその友達の一人が実際に自分で会社を興し自分にH-1ビザをサポートしてるというではないか!!

何何々!?!?まじ、まじ、まじ!?!?!?!?

一気にボルテージがあがる。実際にそれをものの見事にやり遂げた人が近くにいると、現実味が全くもって違ってくる。

早速ネットで色々調べてみるけど、やはり、ちゃんとしたビジネスでないと難しいことが判明。特にビザ取得のためにペーパーカンパニーを設立するのを防ぐため、そういった申請を移民局が断るケースが増えているとの事。

あと、仮に受理されてもあとで監査が入って、ビジネスの証明ができないと拒否されると書いてあったの。

そっか。ビジネスを証明できれば良いのね。。。と色々画策し始めるあたくし。。。♪

そこで、給与の支払先をあたし個人ではなく、あたしの会社にする事ができればどうなのかしらと考える。だって、あたしの会社が提供するサービスに対してスタジオが対価を払ってるわけだから、ビジネスとしても成り立つはず。監査が入ってもそれは証明できるわ。

ということで早速、支払先をあたし個人ではなくあたしが設立した会社にできるかどうか、担当者に聞いてみる。

契約を変更し、会社と個人間ではなく、会社と会社間の契約に変更すれば。。。

できるって!!!!!

興奮しまくりのあたくしは、善は急げということで早速その日の夜に弁護士とアポを取り、相談。

事情を説明し、可能性はどんな感じでしょう?と恐る恐る聞いてみると。。。

「大丈夫でしょう。」

とのお返事が!

!!!!

まじ?

グッド・スクールからMBAを取得しているのと、コンサルティングやファイナンスのサービスを提供しているのであれば、MBAの学問とも関係があるので大丈夫とのこと。また枠に関してもマスター(修士号)を取得していれば、学士の枠とはまた別なので、ビザを取得しやすいとの事。

まーじー!?!?!?

が、4月1日に間に合わせなければいけないので、急ぐ必要があると。

って事は逆にいえば、こんなギリギリでもちゃんと間に合うようにやってくれるってことよね!

ありがとう、弁護士様様♪♪♪

これ、一昨日(火曜日)の夜の話ね。

って事で、次の日(昨日、水曜日)、早速オンライン上で会社設立の手続きを開始。

いまや、オンラインで会社設立の代行サービスがあるのよね。

びっくりするぐらい簡単だったわよ。

資本金の最低金額ってのもないし、100ドルからだってできちゃう。

って事で早速オンラインで色々と記入し、登録し、済ませちゃった。

あとは、その代行の会社が書類を作成し、登録してくれれば、あたしは会社のオーナー!

いやぁ、なんか、ちょっと、不思議な感じ。。。

ロスのハリウッドエンタメ業界に入り、できればその世界で独立したいなぁ。。。なんて漠然と考えてたのが、まさか、ここ三日でこんな急展開になるとはね。

っていうか、必要に迫られて、他にロスに残る方法がないから無理やりやったんだけどね。そうじゃなかったら、絶対にしてないと思う。

でも会社設立したら、法人ができるわけで、今のスタジオ以外の仕事も色々とできることになるし、そういった意味では可能性が広がるわよね。

実際に既に、友達にある娘のマネージメントのお手伝いをしてもらえないかと頼まれ、この会社を生かして色々とお手伝いする事ができるかもしれないし、今、私個人に入ってくる通訳や映画の脚本の翻訳等のお仕事を、今後は会社経由にしておけば、会社の実績にもなるしね。

いやぁ、なんか夢が広がってきたわよ!

まさに、真っ暗闇の世界の中に、一筋の希望の光が現れた感じ。。。

まぁ、でもまずは会社設立の承認が降りなきゃいけないのと、もっと重要なのは、H-1 Bビザがちゃんと降りるのかっていうのが最大の山場だから、気を許せないわね。

って事で、この件に関して進捗があればまた報告しま~す!


ではでは、またねん♪

Kevin♪

at 02:28|PermalinkComments(8)日記