2007年10月

2007年10月11日

右脳派 Or 左脳派??

時計周りに見えたら右脳派、反時計周りに見えたら左脳派らしいわよ。

http://netaxtane.blog111.fc2.com/blog-entry-297.html

さて、あなたはどっち?

私はどうあがいても時計回りにしか見えなかったんだけど、これって反時計周りに見える人っているのかしら???

不思議。。。

さて、明日から10日間ヨーロッパに行って来ます。

ばーははーい♪

Kevin♪

追伸:頑張って修行したら、ようやく反時計周りに見ることができた。
一度目線をはずして、目の隅っこから眺めてたら、ようやくね。。。
はぁ、しんど。

at 11:03|PermalinkComments(0)おまけ 

2007年10月09日

Erika Sawajiri in Hollywood News

ちょっとちょっとちょっと、ハリウッドの業界紙で沢尻エリカのニュースが出てたわよ!

先日ブログで彼女のこと書いて、今日、会社で何気なく業界紙読んでたら、”Erika Sawajiri ペラペーラ。。」って出てたから、びっくりしたじゃないの!!

Variety Asia (ハリウッドの二大業界紙の一つ、Varietyの中の、アジアの情報を伝える部門)で、沢尻エリカの記事があったの。

笑ったのが、和田アッコの「シメル」発言まで取り上げてたところ。

やっぱ彼女は大物(笑)

和田アッコの部分だけ、大きく太字にしておいたので、興味のある方は、そこの部分だけでも読んでみてちょ。

内容をよく知ってる記事を訳すのは比較的簡単なので、ご興味のある方は訳してみてはいかがかしらん?(あたしは面倒なので日本語に訳しませんが)


ではでは、以下、抜粋。

Sawajiri avoids Pusan after "Note" scandal

Written by Mark Schilling
Sunday, 07 October 2007

Story Categories: box office, Festivals, Film, Japan, People, Pusan, TV,

Erika Sawajiri, the star of the Isao Yukisada romantic drama "Closed Note," canceled her skedded Saturday appearance in Pusan in support of the film, which unspools in the Open Cinema section.

The reason is the uproar over Sawajiri's behavior at the Tokyo premiere of the title on Sept. 29, when she barely deigned to answer an interviewer's questions. Asked what scene in the pic particularly impressed her, she answered "None, really."

The frankness has won her fans, especially among her own generation, but has also brought down a storm of criticism on her head, especially from her conservative elders, including singer/MC Akiko Wada, who publicly declared war on Sawajiri on her TBS show.

The film, released by Toho, has become a hit -- the final B.O. is now expected to reach Y1.5 billion ($13 million), but Sawajiri has gone into the contrition mode, posting an apology on her Web site on the 2nd and shedding copious tears in a TV interview on the 3rd.

Even so, her agency is reportedly considering "retiring" her from all film and TV work for a year. In any event, in the image conscious Japanese biz, she has committed the sin of telling the truth, at least how she sees it -- and is now likely to pay a heavy price.

Kevin♪

at 10:59|PermalinkComments(0)日記 

2007年10月07日

沢尻エリカ

すごい事になってるわね(笑)

遠いロスの地からでも噂は聞いてるわよ!

アメリカでファイナンスバリバリやってるMBAのお友達(日本人)と久々に電話で話したときも、沢尻エリカの話になり、なんでも彼はYou Tube付けだとか。

You Tubeで検索したら舞台挨拶の模様が見れるよというので、早速あたくしもYou Tubeで検索♪

。。。沢尻エリカ映像、めちゃいっぱいありました。(笑)

あたくしは、一連のYou Tubeビデオを見て(っていうか、話それるけど、最近のYou Tubeってすごいわね。ワイドショーまでやってるから、日本で何が起こってるのか、日本にいる感覚で情報が伝わるのよね。。。いやぁ、すごい)、まぁ、それはともかく、あたくしは逆にファンになっちゃったわよ、沢尻エリカの。

彼女は別に「あたしは偉いから」、って理由でそんな態度を取ってるんじゃなく、基本的に媚びない性格で、女優として勝負しようとしてるから、ああいう態度に結果的になってるんじゃないの?

まぁ、日本の社会、特に芸能界なんて、色んな人間関係、縦社会、色々と演技以外のところで気を遣わないといけないから大変だと思うけど、媚びないかわりに、真剣に演技に取り組んで、それで評価されようと、逆に本気の姿勢を感じたけどね、あたくしは。

芸の実力なければ、売れるために、芸以外のところで頑張るのが日本の芸能界の主流ってイメージがあるけど、あえてそれをしないってのは、すごい覚悟があるのねって、あたしは感じたわ。

絶対大変なはずよ、日本の芸能界であれを通そうとするのは。ある意味、背水の陣よね。ちょっとおおげさだけど、あの偉大なボクサーのモハメッドアリも、あえて自分は天才ですごいんだというパフォーマンスをして、自分を追い込んでたもんね。勝たざるを得ない状況を作り出すのって、かなり勇気が必要と思う。。。

まぁ、あの舞台挨拶はさすがにまずいとは思うけど(笑)、観客は作り笑顔ではなく、素で怒っている芸能人を舞台あいさつで見れたから逆にラッキーだったんじゃないの?って思っちゃう。なかなかないわよ、こんな貴重な経験。

「別に。。。」発言があまりにも衝撃的で、わざとなんじゃないかと、会場から笑い声が聞こえたぐらいだもんね。いやぁ、彼女は大物(笑)
 
隣にいた子役の愛と書いて「めぐみ」と読むあの娘が一番かわいそうだったわ。となりの沢尻エリカのエリカ節大全開ぶりに、内心どうすれば良いのか分からなかったんじゃないかしら。彼女の笑顔、凍りついてたわよ。

まぁ、でも、和田アッコ以外で、ああいう事ができる日本の芸能人ってそういないんじゃないかしら。。。

でもやっぱ日本のバラエティーって面白いわよね。アメリカのテレビに慣れたとはいえ、たまに日本のスーパー行って、日本のバラエティーをたんまり借りてきて、一人で見て、「幸せ♪」と思える瞬間でもあるの。アメリカのテレビも面白いけどね。でもやっぱ根本的に違うわよね。特にバラエティーって国の文化、おもいっきし反映してるし。

そういや「欧米かよ!」、のあのコンビ、漫才うまいよね。
呼吸がうまいというか、タイミングがうまいというか。
中川家もそうだけど。

コントが多い中、うまくて面白い漫才コンビはやっぱ新鮮で最高♪

で、You Tubeで、欧米かよのボケ担当がブスッとしてて、突っ込み担当が
「沢尻エリカかよ!」
と突っ込んでたのが笑えた。

まぁ、良いにせよ、悪いにせよ、こんだけのセンセーションを起こせるって事は芸能人としては間違いなく大物って事よね。それだけの関心を起こせるって事はすばらしい事。

Nobodyだったら誰も関心おこさないもんね。

ま、今回の一連の騒動であたしは逆にファンになっちゃったわよ、彼女の。

悪い娘にはどうしても見えないのよねぇ。。。日本の芸能界関係者が怒るのはよく理解できるけど(笑)

そんなのには負けないで、自分が信じる道を頑張って歩んで欲しいわ!

ではでは、そういう事で、明日は友達とゴルフクラブ買いに行きま~す♪


Kevin♪

at 17:20|PermalinkComments(4)徒然草(Thoughts) 

2007年10月02日

銀座の夜の事情

さて、アメリカ人ルームメートに日本の「お水」の商売について力説する日々が続く最中、お友達のかな子(仮名)のブログにこんな面白い記事が書かれてたので、転載するわよん!

さて、かな子のブログの始まり始まり。。。

「 お友達が

午前0時半に絶対仕事が終わるから、待ってて!

と言うので、

終電も諦め、今夜は朝までゴー♪だぜ~

と、張り切っていたのに

結局来たの!!

午前2時半ですよぉー!!

かな子ヒトリ@銀座の渋い喫茶店

夜が更けるにつれ。

銀座のママとその従業員の人が

たくさん来る。

だんだん、かな子ここで何してんだ?って思ってくる。


ある男は、「代表には言えないんですけど・・・」

なんで、店長って言わないの??


あるホステスは、「もーマリン!なんとかしくださいよ!ここは六本木じゃないんだよ。」

あーノリがねー。そかそか。ハイッハイッハイッ!←これ歌舞伎町ノリ?


あるママさんは、「急に辞めるなんて言わないでよ。一緒にがんばってきたじゃない。」

おーそうだよ、そうだよ。ママ涙目じゃんよー。


銀座の夜の人間模様が此処に。。。


途中、眠かったけど、だんだん目がランラン(@0@)


銀座の人は大変みたいですよーなんだか。


「えへへ、すいませーーん♪」

と、お友達、笑顔で登場。

この末っ子がぁーーー!!(かな子もだけど)


怒る気もなくなる。

まー仕事だし。


貴重な体験をありがとう。


でも、かな子基本待つのキライですからぁー! 」

だってさ。

そこで、このブログを読んでKevinが思ったこと。

うらやましい!!!!

キィ~!!!!

あたしも銀座のカフェの夜の人間模様ウオッチングした~い!!!怒り

Kevin、お水の世界、大好きですからぁー!!


Kevin♪



at 04:49|PermalinkComments(0)おまけ