2006年08月

2006年08月27日

シュワちゃんに手紙

を書く事になったの。

そう、あの

カリフォルニア州知事で元ハリウッドアクションスター

Arnold Schwarzenegger 知事よ!

ま、正しくはその英文手紙の添削なんだけどね。


事の成り行きは以下の通り:


実はロスで行われる日本映画のみを上映する映画祭

「茶の間フィルムフェスティバル(Chanoma Film Festival)」

の実行委員にならないかと誘われ、なっちゃったの。

で、その一環としてシュワちゃんにこの映画祭に対するお祝い&励ましのお言葉を頂こうという事になって、実行委員長が書いた英文依頼書をあたしが添削したわけ。

添削といっても色々と変えたりアレンジしたりして、自分だったらどんな依頼文を書くかなという視点で添削したから、結構緊張したわ。

だって。。。

シュワちゃん宛よ!

(しつこいけど)

さて、そもそもなんでこの映画祭の実行委員長とお知り合いになったかというと、この人、実はあたしが某スタジオ以外に週一回インターンしてる日系エンタメ会社の社外役員で、たまたま会社に来られた時に会って、社長に紹介してもらったの。

そして、あたしの英語力に着目し、実行委員にならないかと誘われたわ~け。

今インターンとかで結構忙しいんだけど、この映画祭の実行委員になることでロスで活躍している日本人エンタメ関係者と仲良くなる良いチャンスだったし、映画祭の企画や準備に関われるって事はすごく良い経験になると思ったので、もち、引き受けたわ!

あと、日本の芸能人に会えるかもという下心も。。。グフグフグフ。。。ジュル♪ (あら、お下品ねぇ。。。失礼!)

って事でこの茶の間フィルムフェスティバル、どう出るか楽しみだわ。昨年を除いて毎年行われているんだけど、日本映画のみの上映にも関わらず、毎回数千人の観客を動員してるらしいわよ。


日系エンタメ企業:


さて、以前ブログでもちらッと紹介した、あたしが週一回インターンをさせてもらっているこの日系のエンタメ会社について、少し話したいと思うわ。

とにもかくにも、この会社、めちゃめちゃ面白いの!!

基本は日本映画の配給権を世界中のマーケットに売るインターナショナル・セールス会社なんだけど、昨年、ハリウッドホラー映画を製作し、ハリウッド俳優陣に日本人女優も加わり、

日米両方のキャストで撮影されたの!

スタッフももちろんアメリカ人と日本人で構成されているのよ。
しかもこの映画の配給を、今ハリウッドでものりにのってるLions Gateが引き受けたの。

日系の会社がハリウッドで映画を作るってのはなかなか稀な事で(しかもアメリカ人と日本人俳優を両方起用!)、こういった会社でどうしてもインターンをしたかったの。ロスには日本の配給会社は結構あるんだけど、実際にここで映画を製作してるところはほとんどないのよ。

で、この会社、たまたま友達が紹介してくれたWebsiteに社長がコラムを書いてたので、そこで発見したの。この社長の会社で絶対インターンしたいと思い、コラムから会社名を探し出し、会社のWebsiteに行ってコンタクトメルアドを見つけ、採用なんてしてないのに、ただでも良いからインターンさせて下さい!!って強引にメールを出したの、履歴書付きで(笑)

そうしたらちゃんと返事が来て、面接をしたいとの事。

で、後日社長も出席(!)のインタビューを受け、即決でインターン採用されちゃった♪

さてさてあたしを拾ってくれたこの会社、他にも日米共同制作のプロジェクトの企画が色々進行中で、今後が超~楽しみな会社なの!

何が面白いかって、社長が、会社に訪れるアメリカ人プロデューサーや脚本家達と企画の話をしてる中、あたしが真横に座っちゃってたりするんだけど、なんか、とても贅沢な空間じゃない??

あの女優を起用しようだとか、あの脚本はどう思うかだとか、資金はどうやって調達しようだとか、どこどこの配給会社が興味を示しているだとか、すっごい面白い話をあたしのま・よ・こ・でしちゃってるの!!すごくない??もう、毎回刺激されまくりの、興奮しまくりよッ!!!

もう、すごくワクワクな会社ね!

ま、そんな感じでスタジオとこの日系エンタメ企業で充実したインターン生活を送ってます。

来週は一週間、Black Canyonでカヤック旅行に行ってくるわ!

昨年はYosemiteに行ってきたんだけど、今回も学校のトリップの企画で(新入生用のトリップ。学校が始まる前にクラスメートと仲良くなるための企画)、二年生の引率者が一人必要という事で誘われちゃった♪前の引率者がドタキャンしたという事で急遽、一人必要になったから、あたしはただで行ける事に!ラッキー♪♪やったね!

それも戻ってきてからまた報告するね。

さて、最後に、シュワちゃんつながりという事で、あたしが出演してるターミネーター2からのワン・シーンをどうぞ♪


kevinator-3.jpg



Kevin♪

at 03:24|PermalinkComments(8)Entertainment Business 

2006年08月14日

Before & After

昔の写真を久々に眺めてたら、
ホスト風の髪型をしてた頃の自分を発見。

といっても半年ぐらいまえなんだけどね。

髪型にこだわるあたくしはアメリカ人ヘアスタイリストを 全く 信用せず、Japan Tripで日本に帰国するまでずっと髪を切るのは我慢してたの!

で、やっと日本で切ることができ、どうせ切るならすぱっと切っちゃえ!と思い、おもいっきり切っちゃった♪

って事でBefore & After写真をUpします。

一日しか経ってないのよ!

しかし、今見たら、ほんっとに怪しい髪形よねぇ。。

よくそんな髪型でビジネススクールに通ってたと思うわ。
(ま、おかげでクラスメートにインパクト残すことができたけど)

いまだに、クラスメートに元の髪型の方が良いと言われるの!

でも正直なところ、どっちの方が良いのかしらね?
意見が真っ二つに分かれるところだわ。。。

って事で

Before(前日)

dsc00162-4.jpg




After(翌日)

dsc00233-4.jpg


どうよ、どうよ、この七変化っぷり!?


お~ほほほほほほほほほほほほほほほほほほ♪♪♪


Kevin

at 16:20|PermalinkComments(21)日記 

2006年08月13日

俳優志望

の人とFOXのLot(撮影現場)で出会って、仲良くなった。

毎週、インターンやスタジオで働き始めた人用にそのスタジオの各部署のVP(Vice President)を呼んで話を聞くランチイベントがあるんだけど、この日はたまたまテレビ用の番組を制作する部署だったの。

この部署、スタジオが持ってるテレビ局以外にも、他局用の番組も作ってるのよ!さすがアメリカよね。

フジテレビの番組製作部門が日テレ用の番組を作るみたいなものよ。


ま、それはともかく、そのスタジオのTV製作部門のVPの話が終わって、仕事場に戻ろうとしたら、やけにかっこ良い男の人がスーツを肩にのせてどこかに行こうとしてる。

で、一緒にいたインターンの友達(女)が彼が着てたT-shirtを見て、出身地だかなんだかが一緒だと気付いたらしい。

そこで、彼女がいきなり彼に話しかけたのだ。(さすがアメリカ人女性、積極的!)

で、その流れから、役者なのか?と彼女が彼に聞き、駆け出しの役者だという事が分かった。

三人でしばらく歩きながら話す。

その後、インターンの友達が職場に戻るという事で、彼女と別れる。

あたしも戻らないといけなかったんだけど、なんとなく彼と仲良くなりたいと思ったので、もうちょっと話す事にした。

仕事なんていつでもできるしね。家持って帰ってする事もできるし。

いつも思うんだけど、人脈とか、誰かと仲良くなるチャンスっていうのはその瞬間にしか来ないから、それを掴まえるかどうかは自分次第よね。

で、彼と仲良くなるためには、また今度会って話すことにするよりかは、このまま話し続けてしっかりと仲良くなっとく事が大事と思ったので、まぁ、仕事はあとでやっても良いやと思ったの。

その結果、家でやるはめに。。。(泣)

まぁ、いいわ。

とにかく、かっこよくて、性格もめちゃ良く、人脈というよりかは、ただ単に個人的に仲良くなりたかっただけ。

彼はメリーランドから出てきて、一年間Agentのアシスタントをやったあと、Agentではなく、役者になりたいという事に気付き、今は撮影現場でバックグラウンドの人(レストランの客とか)の役をやったりして、撮影現場とはどんなものか、色々と試してるみたい。

彼の偉いところは、撮影が終わって、他のバックグラウンドの役者達が皆シャトルに乗ってさっさと帰ったところを、彼はそれがもったいないと思い、せっかくスタジオのLotに来てるんだからと、Lot周辺をぶらぶらしてたところ。

何かのチャンスに巡り合えるかもしれないしね!

さて、役者としては駆け出しの彼だけど、Agencyで一年間働いてただけあって、色んなコネクションを持ってるのよ。しかもそのコネクションをいつでもあたしに紹介すると言ってくれたわ。

もちろん、あたしも何か出来ることがあればするつもりよ。

たくさん話して(二時間ぐらい?)、また会おうねと言って、あたしの名詞を渡して、職場に戻った。

彼は役者として成功するんじゃないかしら。
美形で、超ナイスガイで、素直。
人にかわいがられるタイプね。

ま、なんにせよ、役者友達ができて良かったわ。

やっぱロスね。

Who knows? He may one day become a great Hollywood Star!
(分からないわよ。いつの日か、彼がすごいハリウッドスターになってるかも知れない!)

ちなみにその夜、早速彼からメールが来ました!

やったね♪



新しい友達ができてウキウキのKevinより


at 05:54|PermalinkComments(0)Entertainment Business 

2006年08月08日

夏休みの出来事(写真なしバージョン)

って事で文字しかないっすけど勘弁してけろ。。。汗

Andersonは授業が終わるのが遅く、期末試験が6月初旬にあり、その後、9月末まで夏休みなの。

で、6月に入り、そろそろ夏のインターンを探さないとやばいなぁと思いながらも(まわりはほとんどインターンが決まってた)、つまんないインターンだったらやらない方がまし、と身分をわきまえず偉そうな態度をとってました。

何も活動をせず、ボーっとしてたら、ちょうど、あるスタジオのInternational theatrical marketing のインターンの募集告知が学校の就職課から来てたの!

映画のマーケティングには興味があったので、これならやっても良いかもと思い、早速レジメ(履歴書)をメールで送る。

この部署は、海外(アメリカ国外)でそのスタジオの映画を上映する際、どのようにマーケティングをすれば良いか、戦略を練るところなの。

国によってマーケティングの仕方が違うし、また、各国にあるそのスタジオの支店もその国に合ったマーケティング方法を考えているので、本社と支店とでどうやって調整しているんだろうという興味もあった。

本社が全体的な戦略を練って、各国支店がその国に応じたマーケティングに変えるのかしら?

例えばアメリカで告知するとき、その映画のアクションシーンを強調するけど、日本だったらラブストーリーとして宣伝するとかね。

それとも本社が考えた戦略を各国支店に押し付けるのかしら?

例えばアクションとして宣伝するべきだから、日本もアクションとして宣伝しろ!と鶴の一声的なところなのかしら?

とかね。

まぁ、何より、マーケティングの良し悪しで観客動員数が決まると言っても過言ではない世界なので、(映画制作費が50億円なら、マーケティングにも50億ぐらいかける)絶対にやってみたいインターンだったのよ。

しかし、レジメを送って数日経っても連絡が来ない。

うーん、すごく人気のありそうなポジションだから時間かかってるのか?
それともあたしのレジメに目もくれてないのか?
と色々考える。

と、そこで、以前インターンして大変お世話になった同じスタジオの上司に、そのスタジオの違う部署にインターンとして応募してる旨、一応連絡しておくのが礼儀だと思い、その上司に連絡したの。

そうしたら、なんと、

「こっちからその部署にレジメをまわすから、メールで送ってくれる?」

と言ってくれるではないですか!?

で、早速その元上司にレジメをメールすると、なんと、

次の日、スタジオからあたしと面接したい旨のメールが来るではないですかぁ!?

恐るべし、コネクション。。。落ち込み

いや、っていうか、本当に、ありがたいっす。

毎回毎回、人間関係の重要さを感じさせられます。。。

って事で早速インタビュー受けました。

面接したのは確か月曜日だったわ。

なごやかな面接が終わった後、週末までに連絡をくれると言われ、解散。

次の日(火曜日)、いきなり人事から電話が入る。






採用されました♪♪♪

あれ?週末に連絡をくれるんじゃなかったの?と嬉しい誤算!

いやぁ、ほんっと嬉しかったわ!

後日、ある人から聞いたんだけど、最終的に私ともう一人(この人もAnderson)で悩んでたそうなんだけど、あたしの前の上司が絶対Kevinの方が良い!と勧めてくれたらしいの!

いやぁ、ほんっとあの人には頭があがらないわ。。。

って事で今、そのスタジオでインターンやってます。

でもこのインターン、先週から始めたばっかなの。

実はこのスタジオでのインターンが始まる前、別の日系エンタメ会社で、一ヶ月間インターンをやってたの。

で、この会社、今のりにのってて、超面白いの!!!!

でもこのお話はご・じ・つ♪

ではでは、またね~!




Kevin♪





at 13:22|PermalinkComments(6)Entertainment Business 

2006年08月07日

夏休みの写真。。。と思ったら!!

さて、夏休み中に起こった事をまとめて日記にして写真もアップしようと思ったら

誤って全部消してしまった~!!!!困った困った困った

河野洋平衆院議長やその息子太郎氏との写真、初代Star TrekでMr.Suluを演じた、日系人俳優の草分け的存在のジョージ・タケイさん、アジアのポップカルチャーをアメリカに紹介したこれまたパイオニアであるGiant Robotという雑誌のCEO兼編集長のEric Nakamuraさん、など等すげぇ方たちとの貴重な写真が~。。。

全~部消えたッ!!!!!

おそろしや、デジタル社会。。。一瞬にして消えてしまったわ。。。

唯一Upできる写真が、後輩に撮ってもらって、その後送ってもらった映画「あずみ」の北村龍平監督との写真。Azumiがこちらで映画上映デビューをするという事で、関係者にプレミアに招待されたの。

で、招待してくれた人がVIP席を用意してくれたので、もう最高!!しかも、外でずらーっとたくさん人が並んでいるのに、ゲストリストに載ってるからそのまま建物内に入れちゃった♪

うーん、VIP最高!!

病み付きになりそ。。。タバコ

さてさて、ハリウッドデビューの「あずみ」ですが、、アメリカ人受けは良かったわよ。

オダギリ・ジョーのキャラが特に人気だったわ。もう、彼の怪しい雰囲気に、観客ゲラゲラ笑ってた。オダギリ・ジョーがあずみに斬られたシーンの時なんて、観客全員で拍手よ!あたしもつられて拍手しちゃった笑い

やっぱアメリカで映画見ると観客がのりのりだから楽しいよね(笑)

プレミアには北村監督と山本又一朗プロデューサーが来られてたわ。

って事で北村監督とパチリ♪

dsc01032-1_1.jpg

北村監督でかッ!(笑)

しかしあたしのこのやる気の無い格好、あり得ないよね。。。

だって、そんな大それた試写会だとは思わなかったからかなり適当~な格好をして行ったの!!

そうしたらVIP席が用意されるわ、お酒が上映前に出されるわ、監督とプロデューサーが舞台あいさつに来てるわでしょ!?他の招待客見ると、みんな綺麗なドレス着てドレスアップしてるし。。。本当、びっくらこいたわよ!

って事で猿でもできる反省。。。落ち込み


さて、監督関連という事で、以前今井雅之さんがThe Winds of Godの試写会で来られたときの写真もアップするわね。

img20060807_2.jpg

今井さん、渋ッ!(笑)


日本人監督が渡米して自身の作品をハリウッドにアピールする動きが今後どんどん増えるかもね!


ではではまたね~♪



Kevin

at 12:25|PermalinkComments(6)Entertainment Business