2006年02月

2006年02月25日

寝れない。。。

ふぅ~。

フォー!

フォーといえば、日本通のクラスメートがなんちゃらラモンのハードゲーの番組が収録されてるCDを持ってきて、

「これ、日本で流行ってるんでしょ?」

と言い、授業の直前、強制的にノートパソコンで再生し、見させられた。(しかもあたしのパソコン!)

ケース、まだ読んでないのに。。。

なんでも、ヨン様が来日しているらしく、記者会見でレイザーラモン(だっけ?)がヨン様に対して

「あなた何様?」

と聞いて、ペ・ヨンジュンに、

「ヨン様」

と答えさせようとする企画らしい。

かなり無理のある企画だったが、不覚にも、久々に日本のくだらないバラエティーを見て、大声で笑ってしまった。

他のクラスメートもぞろぞろやってきたが、皆不可解な顔で、アメリカ人には全くうけてなかった。

アジア系の女の子にはややうけだったけど。。。多分ラモンの腰ふりが気に入ったのだろう。

「この番組は、何が目的で何を達成しようとしてるの?」

とまじめな顔で聞いてくる男もいたが、そんな、論理的に聞かれてもねぇ。。。

おかげでケース読めずに授業突入してしまいました。





ふぅ。。。寝れないのでくだらない事を思い出してしまった。

現在5:25am ロス時間。

それでは、またどこかで!

Kevin



at 22:13|PermalinkComments(5)徒然草(Thoughts) 

2006年02月20日

Frenchコマーシャル

at 19:00|PermalinkComments(4)おまけ 

2006年02月13日

倖田 來未

って今日本で人気あるの?

エロかっこいいとかって。。。!?

紅白で一瞬見たのですが、Cutie Honeyの曲が耳から離れない。。。

お尻の小さな女の子~♪ ってね。

腰を小刻みにハイパースピードで振ってた映像は

鮮明

に覚えてます、はい。

ちなみにやっと曲が手に入ったので、聞きまくってます。

I-podでも聞きまくるだろうなぁ。。。

やばい。

はまりました。

こっちを向いてよハニ~♪



いやよ、いやよ、いやよ、
見つめちゃいや~♪
Honey~ Flash!!

ってね♪


、、、やばい、ハニーフラッシュされたい。。。落ち込み


Kevin

at 09:52|PermalinkComments(6)徒然草(Thoughts) 

2006年02月12日

スーパーハイな状態

なんか、Japan Trip関連のメールが一日何十通も飛び交う中、スーパーハイな状態になる時がある。

数時間毎にメールを開くとバババババーとInboxのメールが30とかになっていて、深呼吸してから、がんがん処理を進めていくんだけど、企画自体を楽しんでいるせいか、アドレナリンが出まくってるの。さぁやるぞ~!って感じになってるのよね。

なので、メール開けて、Japan Trip関連のメールがないと、ちょっと残念な気持ちになったり、物足りなかったりするのよ、不思議と。その分仕事がなくて楽なはずなのにね。

で、ふと思ったんだけど、これって、好きな事を仕事にして、その仕事を楽しんでる時の状況に似ているのかも。。。?

真逆の例が興味ない授業の宿題!怒

全く興味がなかったり、ついていけてない授業の宿題や授業関連のメールが1通でも来たら憂鬱な気分になり、全く読みもしない。試験前にまとめて読めば良いかなみたいな(笑)

嫌な事を仕事をしている時の状態に似ているかもね。

教授は「Have fun with the assignment!」((色々実験しながら)宿題を楽しんでね!))なんて陽気な事を言ってるけど、Have fun(楽しむ)できるわけないじゃないのよ!でも中にはHave funしてる生徒もいるはず。。。

こう考えると、仕事を楽しむ(やりたい仕事をする)事って大事だなぁと思う。

やる気になるし、楽しめるし、勉強にもなるし、一日の処理量も多いし、何よりも上達が早い。一生懸命やるからね。上達早ければ実績も出るだろうし、組織内だと昇進も早いんじゃない?あと、生き生きしてるから、人相も良くなり、雰囲気や顔もかっこよくなるかもね♪笑顔

逆に好きでもない仕事だと、やる気もないし、憂鬱だし、全然進まないし、処理量も少ないだろうし、嫌々やっているから上達も遅いだろうし、大した実績もあげないだろうし、昇進もない。最悪だね。さえない雰囲気のおっさんになる事だけは勘弁。。。困った

夜中にJapan Trip関連のメールを返信したり、読んだりしても別に苦にならなのよねぇ、不思議と。まぁ、大変だったり疲れたりはするけど、憂鬱にはならないわ。

やりたい仕事→Japan Trip企画
やりたくない仕事→宿題

うーん、分かりやすすぎ(笑)

まぁ、あたり前の事を書いてるだけなんだけど、こうして体感してみると、改めて考えさせられるわ。。。

本当にやりたい事を仕事にするための努力は、惜しむべきではないわよね。
Dream Job(自分の理想とする仕事)の内定をもらうまで粘るべきね。

粘るに粘って、最終的にDream Jobを取った人も実際に知ってるし、励みになるわ。

あたしも頑張ろうっと。



ではでは、またね~♪

Kevin


at 02:36|PermalinkComments(5)徒然草(Thoughts) 

2006年02月08日

日本語能力テスト

http://www.atok.com/nihongotest/index.html

ちなみに、あたくし、46点。。。落ち込み


Kevin

at 17:29|PermalinkComments(6)おまけ 

2006年02月05日

一段落

ふぅ。。。。

最近忙殺されておりまして、ブログ全然更新しておりませんでした。
失礼つかまつります。。。(日本語合ってる?)

とりあえず最近何やってたかUpdate(近況報告)するわね。

1.Entertainment Career Night

直近までECN(Entertainment Career Night)にとりかかっており、これがめちゃめちゃ時間食うわ食うわって感じだったの。ま、木曜日(2月2日)に無事終わり、ほっとしているところよ。

ECNってのはEMA(Entertainment Management Association)主催の就職活動関連のイベントなんだけど、要はエンタメ業界に興味ある学生用に、エンタメ企業を学校に呼んで学生との交流(ネットワーキング)を図るイベントなの。

で、あたしはこのECNのCommittee Member(委員)なので、色々と手伝ってたわけ。
External Committee(外部委員会)とInternal Committee(内部委員会)があり、External(外部)担当はエンタメ企業と連絡を取ってイベントに参加してもらう交渉をするわけ。

Internal Committeeというのは内部で、実際のイベントの企画をするわけ。学校との調整、生徒のまとめ役、会場、パーキング、資料作り、ポスター、宣伝、ケータリングの手配、その他諸々、超忙しいわけ。

あたしはInternal Committeeで学生担当だったんだけど、勧誘する企業も一社指定され、なんと、Playboy TV担当だったの!

そう、あの世界的に有名なうさぎのマークのアダルトチャンネルよ!もちろん、ちゃんとゲットしてきたわよ!ポスター持ってきてくれと頼んだら、MBAの学校で貼れるようなPresentableなポスターはないって。。。結構笑ったわ。結局うさぎのシンボルのポスターを持ってくる事で落ち着いたけどね。(笑)

キャリアナイトのしくみっていうのが結構面白くて、実はエンタメ以外にもマーケティング、投資銀行系、コンサル系、Private Equitey,不動産系、等、それぞれの学生クラブが主催しているんだけど、生徒はどれにでも参加できるわけではないの。

ひやかしを避けるのと、本当に行きたい人だけ行く事が参加してくれる企業への礼儀なので、Bidding systemってのが採用されてるの。キャパの問題ももちろんあるわ。全生徒を呼ぶわけにはいかないもの。

生徒はそれぞれ100ポイント渡され、それをもって、各キャリアナイトにBid(賭ける)していくってしくみなの。

マーケティングのキャリアナイトに60点、不動産系のキャリアナイトに40点みたいな感じで。

人気あるキャリアナイトだと、100点近くビッドしないと入れない場合もあるの。キャリアナイトは同じ日にあるやつもあれば、違う日にあったりもするの。エンタメキャリアナイトがいちばん遅かったかな?(2月2日)

あたしはもちろん100点全て、エンタメキャリアナイトにBidしたわ。でもキャリアナイトの運営に携わっているので、実は賭けなくても参加できたんだけどね(笑)

まぁでも他のキャリアナイトには全く興味がなかったので、別に良いんだけど。

で、結局エンタメ企業が13社来てくれて大盛況だったわ。企業側と学生側で100人以上が参加したの。大きな部屋にテーブルが13個あり、各企業が指定されたテーブルに座るわけ。椅子は各テーブル8個か9個置いてあるの。

で、生徒は興味ある企業のテーブルに座り、質問したり、ネットワーキングしたりするわけ。で、25分ごとに交代。時間の関係で、全部で3交代しかできなく、ソニーピクチャーズみたいに、人気のある企業だと、皆そのテーブルに殺到するわけ。

来た企業は以下の通り;
Ascent Media, CBS, Disney, E! Networks, International Creative Management, Microsoft, Playboy TV, Sony Pictures Entertainment, The WB! TV Network, Technicolor, Twentieth Century Fox, and Yahoo!

Key note Speaker(ゲストスピーカー)はInternational Creative Management (ICM)という大手Agencyの社長で、すげぇ面白かった。

彼いわく、今や大手スタジオは映画作るわけでもなく、ファイナンスするわけでもなく(お金を出さないって事)、何をやるかって言ったら映画の権利を買う機能と、それをマーケティング、配給する機能がメインなんだって。もちろん、映画の権利はスタジオが持つんだけどね。

なので、今やAgencyが投資銀行とスタジオの仲介役をやって、色んな金融手法をStudioに紹介しながら、映画をプロデュースしていくんだって。

製作は製作会社がやるし、ファイナンスは投資銀行がやるから、ほんっと、Studioの今の機能といったら出来上がった映画を買うことと、それを配給することよね。この事実は結構びっくり。今後どうなっていくんだろうね。Studio Execs(スタジオの経営陣)も試行錯誤中らしい。

ちなみに、アメリカでは製作会社の事をプロダクションカンパニー(Production Company)と呼んでいて、日本のプロダクションとは意味合いが少し違うのよ。

いやぁ、エンタメ業界も変わったものね。一昔前はスタジオが製作からファイナンスからマーケティングから配給まで、全てやったのにね。もう、ファイナンスリスクはとりたがらないらしい。(莫大なお金をかけて映画を製作しても失敗したらすごい損失だもんね。。。)

あと、今後Windowsが多くなるにつれ、今後映画がどのように配給されていくべきなのか、どのStudioも頭をかかえてるらしい。ここで言うWindowsとは、映画の上映先のこと(マイクロソフトのOSの事じゃないわよ♪)。映画館だったり、テレビだったり、ケーブルテレビだったり、携帯電話だったり、インターネットだったりするのよ。

皆デジタルデジタルって叫んでるわ。

とは言ってもContent is King(コンテンツが王様)の概念は変わらず、Windowsが多くなるにつれ、その分どんどんコンテンツをたくさん製作していかなければいけないため、ここの分野は変わらないと思う。まぁ、作り方とか、しくみは変わるかもしれないけど、コンテンツを作らなければいけないという事実は変わらないわ。

確実にデジタル時代に突入していくに連れ、皆どうすれば良いのかわからんって状況ね。

ま、そんな感じ。つまんなかったらごめんなチャイナ。


2.冬のインターン

ついにインターンを始めたわ。週一回金曜日にある大手スタジオのInternational Theatrical Distribution(映画の国際配給チーム)グループでインターン中。

やっぱエンタメ企業は面白いわ!!

このスタジオのすぐ裏に製作現場があるので、現場を通ると、たまにセレブが出番待ちしてたりして、うきうきするわ。あと、現場の映画館(スタジオ従業員専用)で上映会をやるんだけど、金曜日にやる事が多いので、今のところ毎週そこで公開前の映画を観てるわ(笑)

いやぁ、面白い。あたしの仕事は世界各国の映画の興行収入が社内のデータベースの数字と合っているかを確認して、違ってたら何故違うかを分析する事。ま、一応これがメインなんだけど、あとはミーティングに参加したり、上映会に行ったりして、半分遊びみたいなものね。

もう、我々も君の事を知ってる事だし、夏のインターンもうち(インターン先)でやる気があれば、是非レジュメを出してくれ、と言ってくれたの!嬉しいわね。でも夏のインターンはまた違ったところでやるのも良いかなと迷い中。

ただ、Studioのメイン機能が配給とマーケティングなら、そこでその機能を勉強できるってのは大きいわよね。この機能についていえば、Studioはどこよりも秀でてるんだもの。

将来プロデューサーになるにせよ、製作した映画をどうやって売っていくか、絶対に知らないといけないし。。。

あと、どんな映画がどの観客層にあたって、どれがあたらないかについて、知らなきゃいけないし、それを勉強する良い機会よね。

どんな映画が成功して、どんな映画が失敗するか、Studioの永遠のテーマよね。。。

卒業後、配給やるかどうかは分かんないけど、夏のインターンはやるかも。。。さっきも言った通り、まだわかんないけどね。


3.映画の英語字幕作成

実は日本人クラスメートのお兄さんが映画を作り、その映画がなんと、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭出展に選ばれ、コンペ部門で上映される事になったのだ。(他の映画祭で彼の作品が優勝したらしい)。

で、国際映画祭に出品されるという事で、なんと、友達に、この映画の英語字幕を作ってくれないかと依頼されたのだ!

もち、オッケーよん♪こんなチャンス、滅多にないもの。

って事で昨日は友達とこれにとりかかってた。

「隼」という映画で監督は市井昌秀さん。

皆さん、ごひいきに!!

上映される際、「翻訳 戸田奈津子」みたいなに、「翻訳 Kevin(←本名が出るけどね)」
って感じに出るらしい(想像)。

引き受けた理由として友達のお兄さんの映画だったのと、個人的に面白そうな経験になると思ったこと。そして、エンタメ関係の実績を残す良い機会だったことね。

エンタメ関係の経歴を一つずつ積み重ねることがこの業界に進出するための近道。この字幕作成やStudioインターンに加え、どんどん実績を積み上げて行く予定よ!

4.Japan Trip

春休みにAndersonの学生を連れてのJapan Tripを企画してます。今年は5人の日本人学生が企画、引率するので結構面白いと思う。準備は大変だけどね。AndersonにGive back(貢献)するため、5人全員、日々、頑張っております!

既に30名以上の学生がサインアップしており、2月中旬の締め切り日まで何人が申し込むのか、正直ちょっと怖い。。。ま、頑張るけどね!

直近までEntertainment Career NightとJapan Tripの準備を平行してやってたので死ぬかと思ったけど、ECNが終わったので、ちょっと落ち着いたわ。
しかし勉強が。。。困った

5.ヒップホップ

なんと、あたくし、週一回ヒップホップのレッスンを取っているのだ!!いやぁ、面白いわね。こうやって腰を振るのか、みたいな。。。(笑)

日本戻った際、クラブでAndersonのクラスメートにかっこ良い所を見せなきゃいけないので、頑張ってマスターしてみせるわ!!


ま、そんな感じね。

ではでは、またねん♪ 

Kevin

at 07:33|PermalinkComments(9)Entertainment Business