2006年01月

2006年01月14日

現在、ベガス!!

UCLA Andersonの友達15人ぐらいでベガスの家を借りて4日間ぐらい、ここで飲みまくります。

実はベガスでMBA Pokers Tournamentというのが開催され、我が校の連中も参加するので応援にかけつけなきゃ。。。というのが大義名分。

多分応援するといってもチラッと会場入りするぐらいで、あとは観光、ギャンブル、クラブ、飲みの毎日だと思います。

ラスベガス美女も生で見なきゃだね~!

いやん、素敵♪♪♪やらすいぃ~い~♪

今回クラブにも行くんだけど、一般じゃまず入れないクラブに入れるらしい。
MBA Pokers Tournamentの関係者(Anderson)という事で、特別に今回入場できるとの事。

いやぁ、これ、まじで楽しみだわ♪
VIPがうじゃうじゃいるようなクラブらしいので、どんなCoolでHipな人がいるか、見てやるわ!

。。。ところで今、このブログを打っている、この家、すごいわ。
でかすぎ、広すぎ、かっこよすぎ。映画のセットかと思ったよ、最初。

最近「普通」に満足していたあたくしですが、やっぱ、こういう家に来ると刺激されるわよね。

頑張ってお金持ちになって素敵な家に住もう!!を合言葉に怒怒り

と単純なあたくしはおもっちゃいました!てへッ♪

初心に戻りました、はい。

さて、今日の合言葉は?


大金持ちになってみせます♪


By Kevinリボン


at 21:34|PermalinkComments(6)日記 

2006年01月12日

Night of Fire

今、これ日本で流行ってるのかしら?

いやぁ、面白すぎだわぁ。。。

しばらくはまりそ♪

http://video.google.com/videoplay?docid=426566504844044258


at 15:50|PermalinkComments(5)おまけ 

2006年01月07日

冬のインターン

 アロハ~♪

 今回のブログは、大手スタジオとのネットワーキングその後についてよ~!(きゃ~!なんかドキュメンタリーみた~い♪)

実は「難しい。。。」ブログの夜、あるお友達とディナーをし、その件についてお話したの。

そうしたらお友達に、「わざわざオフィスまで呼んだって事はKevinに興味があるからだよ!本当はインターンをオファーしたかったんじゃないの?そうじゃなかったらわざわざ時間割いてまで呼ばないって!Kevinが結局何も言わなかったので、向こうもがっかりして、寂しかったんじゃない?」と言われ、やっぱそうかも、、、と思い始め、なんで、インターンについて聞かなかったのか、かなり後悔しはじめた。。。

いや、まじで後悔しまくりよ!

だって、だって、
よくネットワーキングの際、やっちゃいけないこととして

「仕事くれ」

とか

「インターンくれ」

とか、絶対に言っちゃいけないってよく言うじゃない?

アドバイス求めるだけだったら相手も気が楽だけど、インターンや仕事をくれと頼まれると相手が困るし、拒否反応を起こすらしい。

ま、そりゃそうですわね。

だから、あの日、インターンについては一言も話さなかったの。

そんなあたしは

ばかです。。。困った

何故なら、もう一つ忘れてはならない重要なルールがあるから。

それは、

エンターテインメント業界ではAggressiveness(積極性)が必要だって事!

自分からインターンくれって言わなければ、絶対にくれないって事!!
上品に待ってても何も始まらない。

エンタメ業界は弱肉強食の世界!
どうしても欲しい!!って情熱を見せなきゃ他人に仕事を盗られてしまう、怖~い世界よ。

じゃ、どうすりゃいいわけ!?

かたや、インターンくれって言っちゃいけない。
かたや、積極的にインターンくれって言わなきゃ何もはじまらない。

どっちなのよ!?怒

そこであたしが取った行動とは?

自己嫌悪に陥ったあと、早速メールする事にしたわ。

お友達にも言われたんだけど、時間が経ってから、インターンくれってメール打っても、他にインターンが見つからなかったので、しょうがなく、彼にインターンを申し込んだって印象を与えてしまうから、インターンくれって言うんだったらすぐにした方が良いって。

って事でその夜、早速彼にメールを打ったの。

どういうメールの内容にするか、すごーく考えたわ!

結局打ったメール内容は、以下の感じ。

彼と話して、刺激を受けたと。(Inspireされたと)
彼と話して、配給に対して大変興味が沸いたと。
配給についてもっと深く知りたくなったので、配給に関する冬のインターンを探すことにしたと。配給の仕事とはどういうものかを経験し、また、自分に何か提供できるものがあるのか、インターンを通じて知りたいと。
もちろん、二年生にも相談するし、Andersonのキャリアセンターにも冬のインターンがあるかどうか問い合わせてみるけど、まずは、彼のアドバイスが欲しいと。。。

という風にメールを打ったの。

うまくない?

でも、本当の事よ。

間接的に「インターン募集してますか?」って聞いてるだけなんだけどね。笑顔

日本的かしら?

ま、インターンの機会があればあるって言ってくれるだろうし、なければ、何かアドバイスぐらいはくれるかなと思って。

そうしたらなんと、二日後、

「I may have an internship opportunity for you in our group. Let's talk later this week or early next month (うちのグループでインターンする機会があるかも知れないので、今週の後半、あるいは来月始めに話そう」

って返ってきたじゃないですか~!!!!

もち、いつでも空いてるので、お返事お待ちしてますと返したわ。

で、新年、彼からまたメールがあり、ある用件で助けて欲しいと。日本市場での映画の興行収入のトップ100が記されているサイトがあるんだけど、映画のタイトルが日本語なので、英語に訳して欲しいと。
で、用件とは別にインターンについてだけど、是非とも冬のインターンを正式にオファーしたいと言うではないですか!!
とりあえず電話くれと書いてあったので、もち、電話したわ。

日本のオフィスに依頼してたんだけど、まだレスポンスがないので困っているんだって。お正月休みだからじゃないですか?と返したら、そうかもと彼。

で、本当に時間がかかりそうだったらやらなくても大丈夫だと。もし負担にならなければお願いしたいと彼は言う。

もち、即オッケーしたわ。全然問題ございませんと!

映画のタイトルって単純に訳せないから(邦題や原題のタイトル作った人のセンスによるもんね)、映画サイト行って、日本語と英語の両方のタイトルが出てるものを探さなくてはいけないの。色んな人にメールを送って助けを求めたわ。映画のタイトル入力したら、日本語と英語のタイトルが出るサイトない?って。
そうしたら、皆、ちゃんと返事をくれたの(泣)

ほんと、良いお友達を持ってあたしは幸せ!悲しい

で、色んなサイトを駆使して、3時間ぐらいずっと訳してたら、完成間近になって、再度彼から電話があり、「日本オフィスから返事が来たからこれ以上訳してくれなくても大丈夫だよ!」と。

「へっ!?」困った

そ、そんな、ずーっと、正確な邦題と原題をマッチングして、苦労して訳したのにぃ。。。
と思いながらも、

「はい!全然問題ないですよ♪」

と答えるあたくし。

でも、せっかく作ったので

「一応、できたのを送ってもよろしいですか?」

と聞いたところ

「もちろん!日本オフィスから送られてきたものとマッチングしとくよ。でも、これ以上、この仕事に時間かける必要ないからね!」

と彼。これ以上あたしに余計な仕事をさせないよう、わざわざ電話をかけてくれたの。なんて良い人♪

そして

「いずれにせよ、君には冬のインターンをオファーしたいので、冬学期のスケジュールを聞かせてくれ。うちでやったあと、春、夏のインターンも出来る限り手伝うよ。ここのスタジオでも良いし、他のところでも良いし。この業界に入るためにはできるだけ多くのインターンをする必要があるのは分かってる。That's the least I can do for you.(これぐらいの事はさせて欲しい)」

だって!ちょっと素敵じゃない!?
いや、いや、そこまで言っていただくなんて、恐縮です。
なんでそこまでしてくれるの!?
Andersonの生徒だから!?

まじで感動しました。

でもこうやって、本当に良くしてもらうと、自分も人に良くしようと思うよね。

こうやってAndersonのAlumniネットワークが築かれていったのかなと、ちょいと感動。

ま、そんな感じで1月の中旬あたりからこのスタジオで国際配給についてインターンします。

これについても色々とブログで記していくわね♪

幸先の良いスタートで、本年も良い年になりそうです。

ではでは、またね!

Kevin

at 16:56|PermalinkComments(6)Entertainment Business 

2006年01月03日

明けましておめでとうございます!

今年の抱負:

1.やっぱエンタメ活動(情報収集、勉強、ネットワーキング、就職活動)の本格化かな?

2.LA学生生活を満喫する事。(一学期目は正直、そんな余裕はあまりなかったっす)

3.もちろん、成績向上♪

4.Japan Tripで日本に一時帰国(?)すること。

ってなかーんじ。

皆さん、本年もどうぞよろしくお願い致します!


at 09:42|PermalinkComments(10)日記